Record China

ヘッドライン:

WHOがデマ注意 「ウイルスを迎え撃つチャンスをつかめ」

配信日時:2020年2月21日(金) 23時0分
拡大
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は現地時間20日、スイスのジュネーブで開かれた記者会見で、「憶測や、デマを拡散させてはならない。WHOの専門家グループは今、中国で実地調査をしている最中で、中国の同業者と共にウイルスを効果的に抑制するルートを研究している」と述べました。...

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は現地時間20日、スイスのジュネーブで開かれた記者会見で、「憶測や、デマを拡散させてはならない。WHOの専門家グループは今、中国で実地調査をしている最中で、中国の同業者と共にウイルスを効果的に抑制するルートを研究している」と述べました。

 WHOがこの日に開かれた記者会見で、テドロス事務局長は、「フェイクニュースや陰謀論が飛び交っているが、これに気を付けなければならない。科学で実証されなかった情報を信じないように」と注意を喚起しました。そのうえで、「WHOが調整役を務め、日本や韓国、シンガポール、ロシア、アメリカ、ドイツなど各国のトップクラスの専門家からなるチームは、中国の同業者と共に、新型コロナウイルスの感染力および中国が講じた措置の効果などを含めた、まだ知られてない情報を研究している最中だ」と明らかにしました。

 また「中国は源からの感染抑制に向け積極的に努力しているが、これは他の国のウイルス予防・抑制に時間を稼いだ。各国はこの貴重なタイミングを活用して、ウイルスのさらなる感染拡大を抑制していく必要がある。今という重要なタイミングを生かして、断固として対応を講じていかないと、深刻な問題に直面する可能性がある」と指摘しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中日 相互支援で相互信頼=外交部

外交部の耿爽報道官は21日オンライン記者会見で、中日両国が新型肺炎に関して互いに支援などをしていることについて、「中日両国が互いに助け合うことは、友情を伝え合い、相互信頼につながっている。これは中国と国際社会が共同でグローバルな課題に取り組む縮図である」と述べました。 日本政府...

CRI online
2020年2月21日 20時15分
続きを読む

中国—ASEAN関係 感染拡大に共同対応 より高いレベルへ=外交部

新型コロナウイルス感染による肺炎問題に関する中国—ASEANの特別外相会議が20日、ラオスのビエンチャンで開かれました。これについて中国外交部の耿爽報道官は21日、「王毅国務委員兼外交部長はASEAN各国の外相と協力して、感染に対応することで合意し、ともに難題に立ち...

CRI online
2020年2月21日 18時35分
続きを読む

瀾滄江ーメコン川協力第5回外相会議 ラオスで開催

瀾滄江(らんそうこう)ーメコン川協力第5回外相会議が20日、ラオスのビエンチャンで行われました。王毅国務委員兼外交部長とラオスのサルムサイ・ コンマシット外相が共同で主催し、カンボジアのプラック・ソコン副首相兼外務国際協力大臣、タイのドーン外相、ミャンマーのティン国際協力部部長...

CRI online
2020年2月21日 18時10分
続きを読む

企業操業再開支援策実施 一部重点プロジェクト再開

新型コロナウイルス感染の拡大による影響に対応し、作業再開を加速するため、各地では企業への支援策が講じられています。一部の国家重点プロジェクトも感染抑制を確保すると同時に、前向きに再開に取り組んでいます。 義烏(ぎう)市では、すべての民営企業や、工事を実施中の市外の企業に対して、...

CRI online
2020年2月21日 17時45分
続きを読む

王外交部長 ラオス外相と会談

王毅国務委員兼外交部長は20日夜、ラオスのビエンチャンで、サルムサイ・ コンマシット外相と会談を行いました。 王外交部長はラオスが困難を克服して今回の中国―ASEAN特別外相会議と瀾滄江(らんそうこう)-メコン川協力外相会議を開くことに感謝の意を示しました。その上で、「新型肺炎...

CRI online
2020年2月21日 17時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング