Record China

ヘッドライン:

十分な医療救済経費 医療関係者を全力保証=国務院記者会見

配信日時:2020年2月21日(金) 16時20分

20日午後に北京で行われた国務院共同予防共同抑制メカニズムの記者会見で、医療救済経費の保証、医療関係者の福祉保証などに関する状況説明が行われました。

 2月19日までに、31の省(自治区、直轄市)及び新疆生産建設兵団における医療保障部門は、指定救済医療機関に対し専用プロジェクト資金171億7900万元の支払いを予定より早めて行うことを明らかにしました。これにより、湖北省は30億1600万元、武漢は9億200万元の資金が支払われる予定です。

 国家医療保障局医薬管理司の熊先軍司長は、「現在、感染が確認されている患者と疑いがある患者において、実質発生している医療費の状況を踏まえれば、今後支払われる資金は現段階の医療救済の需要を満たすことができる」としています。

 新型肺炎が発生して以来、多くの医療関係者が個人の危機を顧みず、困難を克服し、勇敢に前線で戦っています。19日までの統計によりますと、全国では278の医療支援チーム、3万2395人が各地から湖北省入りし、支援を行なっています。第一線で作業に当たっている医療関係者の作業環境を改善するため、国家衛生健康委員会は通知を発表し、各地関連部門が生活、心理、人文、安全、待遇面において保証を提供し、彼らに対し関心を寄せるよう促しました。

 また、新型肺炎の診断と治療を更に強化し、死亡率を低下させるため、国家衛生健康委員会は「新型肺炎診療方案(試行第六版)」を公表しました。これに対し北京大学第一医院の王貴強主任医師は、「新たに発表されたガイドラインは、臨床で有効性のある薬剤を方案の中に取り入れた。どのようにして重症患者を選び出し、積極的に有効治療を行い、死亡率を下げるかが肝心だ」と示しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「強国プロジェクトブランド」で湖北省を支援=CMG

新型コロナウイルス感染の抑制活動が肝心な時期を迎える中、中央広播電視総台(チャイナ/メディア・グループ・CMG)は20日から「強国プロジェクトブランド」で、感染拡大との戦いの勝利、さらにその後の経済回復において湖北省を支持、支援する公益活動を実施しています。 この公益活動は「湖...

CRI online
2020年2月21日 15時30分
続きを読む

各地から医療チーム 湖北援助へ再出発

19日、中国全土から、数陣の医療チームが新型コロナウイルス感染症との戦いを援助するため、湖北省に向けて出発しました。 上海は、地元の6つの病院から513人の医師からなる医療チームを派遣しました。これは、上海からの第8陣で、今までの地方からの医療チームとして最も人数が多い派遣とな...

CRI online
2020年2月21日 14時40分
続きを読む

20日 新たに感染者889人 完治退院2109人=新型肺炎

中国国家衛生健康委員会によりますと、2月20日0時から24時にかけて、中国大陸部で、新たに新型コロナウイルス感染による肺炎が確認された患者は889人、死亡者は118人、感染が疑われる人は1614人、完治して退院した人は2109人増えました。 20日24時時点で中国大陸部における...

CRI online
2020年2月21日 14時15分
続きを読む

中国とASEAN 共に疫病に立ち向かうことで一致=王外交部長

王毅国務委員兼外交部長は20日、ラオスのビエンチャンで中国―ASEAN東南アジア諸国連合による新型コロナウイルス感染症に関する特別外相会議の後に、主催国ラオスのサルムサイ・ コンマシット外相とASEAN―中国関係協調国を担当するフェリピンのテオドロ・ロクシン外相と共同記者会見を...

CRI online
2020年2月21日 14時0分
続きを読む

「湖北と武漢の予防・抑制活動は積極的な効果を得た」=中央指導グループ

国務院新聞弁公室が20日に武漢市で行なった記者会見で、中央指導グループのメンバーでもある国務院の丁向陽副秘書長は、「全体的に見れば、湖北及び武漢の感染状況は過去の急増の傾向から緩やかになった。今後の予防・抑制措置が着実に実行されれば、現在の減少傾向を維持することができ、前のピー...

CRI online
2020年2月21日 13時55分
続きを読む

ランキング