Record China

ヘッドライン:

中国からの新型コロナ検査キット無償提供、日本のネットユーザーの反応は…―中国メディア

配信日時:2020年2月21日(金) 16時40分
拡大
中国紙の環球時報は20日、中国が新型コロナウイルスの検査キットを日本に無償提供したことについて、日本のネットユーザーから反応が出ていると伝えた。写真は感染者が相次いでいるダイヤモンド・プリンセス号。

中国紙の環球時報は20日、中国が新型コロナウイルスの検査キットを日本に無償提供したことについて、日本のネットユーザーから反応が相次いでいると伝えた。

記事はまず、「中国で新型コロナウイルスが発生して以来、日本のチャーター便は次々に日本各界からのさまざまな支援物資を運んできた。17日にも第5便が武漢に到着した。駐中国日本大使館はSNS上で提供した物資の詳細なリストを掲載した」と紹介した。

続いて、同紙が18日にその関連記事を掲載したところ、中国のネットユーザーから、「投我以木桃、報之以瓊瑶(木瓜を贈ってくれたので、良い関係が永く続くように美しい玉でお返しする)」「もし日本が困難に直面したら、中国は必ず力を尽くして助けます」といったコメントがあったと伝えた。

そして20日、駐日中国大使館が、日本で不足している新型コロナウイルスの検査キットを日本国立感染病研究所に無償提供したと発表したことに言及。同大使館は、「最近、日本国内で新型コロナウイルス感染症をめぐる事態が持続的に変化しております。これに対し、中国側は高い関心を持って注目しており、身につまされる思いであります」とし、「ウイルスには国境の区別がないゆえ、国際社会が共同で対応することが求められております。中国側は引き続き日本側にできる限りの支援を提供し、緊密に意思疎通と協力を展開し、手を携えて新型コロナウイルス感染症との闘いを一日も早く勝ち抜き、両国国民の健康と安全および地域と世界の公衆衛生の安全を共に守っていきたいと思います」としている。

この発表は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のホットワードランキングで一時3位になるなど、高い関心を集めた。記事は、中国のネットユーザーから「滴水之恩、当涌水相報(しずくのような恩に、湧き水のような恩返しをする)」「礼尚往来(同じ礼儀をもって応える)。助け合いましょう」「あなた(日本)の困難、感同身受(身をもって共感する)」など、支持する言葉や漢詩が相次いで寄せられたことも伝えている。

さらに、中国大使館がツイッターの公式アカウントでも同様の発表をすると、多くの日本のネットユーザーが中国語や日本語で「謝謝(ありがとう)」「多謝(大変感謝します)」「ありがとうございます!感謝」などのお礼のリプライのほか、「(検査キットが)日本で足りてないのか。なぜ早く増産しておかなかったんだ。中国はそういうとこ素早いよね」「日中がタッグを組めば必ずウイルスにも勝てます。頑張りましょう!」などのリプライもあったと紹介した。

また、同大使館が19日午後、公式ツイッターで、新型コロナウイルスが発生して以来、日本の人々から多くのお見舞いと励ましのメールが寄せられていると発表したこと、これに対して孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)駐日大使の「深く感動しました」「日本の各部門から寄せられた援助を忘れません」「(感染拡大が懸念される日本に対して)力の及ぶ援助を行い、日本の皆とともにこの困難を乗り越えたいです」などとするメッセージを掲載したことにも触れた。

記事は、このツイートにも日本のネットユーザーから「日中友好」や、「がんばれ中国」「大変な時こそ一致団結して困難に打ち勝ちましょう」「ウイルスで苦しめられている武漢や中国ですが一層、絆が深まりましたね」などのリプライがあったことを伝えた。

そして、「中国と日本が共に早く新型コロナウイルスとの闘いに勝ちますように」と結んだ。(翻訳・編集/毛利)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング