Record China

ヘッドライン:

今週の上海は?少しずつ動きだした都市、それでも外出自粛はつづく!

配信日時:2020年2月21日(金) 15時0分
拡大
今なお、外出自粛、自宅待機モードが続く上海。2月10日より、一部の企業が在宅勤務や時短勤務などで再開している。
(1/3枚)

今なお、外出自粛、自宅待機モードが続く上海。2月10日より、一部の企業が在宅勤務や時短勤務などで再開している。

その他の写真

地下鉄や公共バスも2月上旬に比べ、乗客が増えてきているが、それでも、通常に比べれば、車両はガラガラの状態。外に出れば、マスク着用率100%と、かつての中国からは想像できない、“異様な感じ”ではあるが、感染拡大防止に対する徹底管理には「すごい!」の一言だ。

飲食店、ショッピングモールや公共交通機関など、まだまだ通常運転に戻るまでに時間がかかりそうだ。とくに、ほとんどの飲食店は、行政の指導により店内飲食が制限されている。不特定多数と濃厚接触をしやすいフードコートなどは軒並み休業。

こうした状況になり、これまでデリバリーやテイクアウトサービスを実施していなかった店舗もそのビジネスモデルを変えざるを得なくなり、フードデリバリーを始めるなど、新型コロナウイルスから受ける影響は大きい。

企業の社員食堂なども感染拡大を防ぐ様々な対策をしていると聞く。例えば、対面で着席しないように指導したり、さながら試験会場のように、一方向で間隔をあけて座席を配置したりと工夫している。弁当の持参をすすめる企業もある。多数の人と接触することをできるだけ避けるためだ。

上海の日本人駐在員も、食事などで生活の不便さを感じているようだ。自宅と会社の往復以外、できるだけ外出は自粛しているという。一部の日系レストランなどで時短営業しているが、外食することじたいが自粛ムードという雰囲気なので、自炊やフードデリバリーが中心となる食生活がつづく。長期戦になればストレスもたまる。

実際、自宅待機生活が長くなり、引きこもることでの、精神的な疲れやストレスが心配されている。ネット配信アプリでも“ストレスを解消するために自宅でできる運動”、ストレス・コントロールに関する相談や講座といった関連のコンテンツが増えてきた。

今週は、街にも上海市外から戻ってきた人たちが少しずつ増えてきたし、道路を走る車も多くなってきた。少しずつだが、街が動きだした印象を受ける。マスクをしていても、笑顔を見ることが多くなってきた。

日常生活が戻る日も近いことを願い、今は正しい知識で感染をしっかり予防することが大事だ。「中国加油!(頑張れ!中国)」(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「今週の上海は?少しずつ動きだした都市、それでも外出自粛はつづく!」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング