Record China

ヘッドライン:

【観察眼】ピンチをチャンスに 中日は今こそ医療協力の強化を

配信日時:2020年2月20日(木) 14時50分
拡大
ここ数日、中国国内の新型肺炎との戦いにおいて、いくつかの重要な出来事があった。一つ目は、新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができ、この抗体を含む血漿を利用した血液製剤が、新型肺炎を治療する最も効果的な手段になると専門家が発表したこと。二つ目は、2月3日から15日...

 ここ数日、中国国内の新型肺炎との戦いにおいて、いくつかの重要な出来事があった。一つ目は、新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができ、この抗体を含む血漿を利用した血液製剤が、新型肺炎を治療する最も効果的な手段になると専門家が発表したこと。二つ目は、2月3日から15日間連続で、感染患者の一日の増加数が減少したこと。三つ目は18日、この日に完治した患者の数が、新たに確認された感染患者の数を初めて上回ったことだ。いずれも、新型肺炎との戦いにおいて、世界に希望を与える朗報である。

 一方でいま、日本にも注目が集まっている。先立っては官民が共に中国への積極的な支援を行ったことで、中国の特にネット上では「日本」がひときわ目立つキーワードとなっていた。それが今度は「感染拡大」を理由に注目されている。日本の厚生労働省の発表によれば、18日までに日本における感染者は615人となった。中でもクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の動向は、中国国内でも非常に高い関心が寄せられ、連日報道されている。

 日本の状況について、外交部の耿爽報道官は記者会見で、「中国は日本国内の新型肺炎の状況を把握している。できる限りの支援をしていきたい」と表明するとともに、「日本側とは情報と経験を共有する方針だ。双方は具体的な作業に着手している」と明らかにした。

 今回の「新型肺炎」という災害を通して強い絆を確かめ合った両国には、現在の危機をチャンスへと変えられるだけの基礎がある。両国でワクチン開発が急ピッチで進められ、中国ではすでに患者に投与する臨床実験が行われ、日本でも治療薬の治験を進める方針が発表された。両国の関係者が協力できる環境がさらに整えば、研究開発にもさらなるプラスの効果をもたらすことが期待できる。日本にも中国にも、「災い転じて福と為す」という言葉と考え方が根付いている。せめて両国の医療協力が、全世界にとっての「福」と呼べる成果をできるだけ多く、早期に獲得できることを願いたい。(CRI日本語部論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

世界経済見通し、2020年の成長率3.3%=IMF

国際通貨基金(IMF)はこのほど、世界経済の発展に一定の安定性が見られ、関連リスクがいくらか和らいだことを受け、今年の世界経済の成長率が2019年を上回り、3.3%まで持ち直すという予測を出しました。中でも、中米が第1段階の経済貿易協定に署名したことが、グローバル経済のプレッシ...

CRI online
2020年2月20日 14時45分
続きを読む

加油!新型肺炎と戦う中国~学生たちの戦い

2003年のSARS、そして今年の新型肺炎。全ての人々がこれらの事件に影響されています。もちろん学生たちも同じで、もともと2月中旬に新学期に入るはずなのに、今は登校できず、家で閉じこもっています。彼らはこの「長い冬休み」をどのように過ごしているのでしょうか?...

CRI online
2020年2月20日 14時40分
続きを読む

各地で関連措置 企業の生産再開を支援

寧夏ホイ族自治区、遼寧省、貴州省、内蒙古自治区などは、新型コロナウイルス感染拡大の予防と抑制に全力を尽くすと同時に、一連の措置を講じて企業が安全かつ秩序立った生産を再開することを支援しています。 寧夏ホイ族自治区は、中小零細企業の発展を支援する18の措置を打ち出しました。中には...

CRI online
2020年2月20日 14時35分
続きを読む

中国、新型コロナウイルス検査キットを日本に寄贈

中国駐日本大使館は20日公式サイトで、中国が新型コロナウイルスの検査キットを日本に寄贈したことについて質問に答えました。 それによりますと、「中国は日本国内で変化し続けている新型コロナウイルス感染を注視しており、身につまされる思いでいる。日本国内で新型コロナウイルスの検査キット...

CRI online
2020年2月20日 14時20分
続きを読む

18の医療チーム武漢同済病院で勤務 全快患者数増加

武漢華中科技大学に所属する同済病院の中仏新城分院では、現在、国と各省から成る18の医療チームで合計2400人の医療関係者が、同病院の18のエリアを管理しています。19日午前10時までに、中仏新城分院に入院した新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者は合計1251人、治癒して退院し...

CRI online
2020年2月20日 13時50分
続きを読む

ランキング