Record China

ヘッドライン:

韓国の「大統領残酷史」に新たな1ページ?李明博元大統領、保釈後に再拘束

配信日時:2020年2月20日(木) 17時10分
拡大
20日、韓国・ニューシスは、横領や収賄などの罪に問われ、1審で懲役15年を言い渡されたものの保釈され、拘束されずに裁判を受けてきた韓国の李明博元大統領が再び拘束されたと伝えた。

2020年2月20日、韓国・ニューシスは、横領や収賄などの罪に問われ、1審で懲役15年を言い渡されたものの保釈され、拘束されずに裁判を受けてきた韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領が19日の2審判決後に再び拘束されたと伝えた。

李元大統領は、自動車部品会社「ダース」を実質的に所有して巨額の資金を横領した罪や、ダースの訴訟費用を韓国のサムスン電子に肩代わりさせるなどしてわいろを受け取った収賄罪などに問われている。1審で懲役15年の判決を言い渡されたが、保釈が認められ約1年間拘束されずに裁判を受けてきた。

19日の控訴審判決公判で、ソウル高裁は懲役17年、罰金130億ウォン(約12億円)、追徴金57億8000万ウォン(約5億3500万円)を言い渡した。保釈も取り消し、李元大統領は再び拘束された。記事は「これまで元大統領が拘束され裁判を受ける『大統領残酷史』は複数回繰り返されてきたが、元大統領が不拘束の状態で裁判を受けた後、再び拘束されたのは憲政史上初めてだ」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは「元大統領は拘束してはいけないという法律があるわけでもない」「法の下にはみんな平等でなければならない」などといった声が上がっている。

また、「韓国を駄目にして、私利私欲に走った人間」「大統領にまでなった人の末路がこれ」「因果応報ということだな」「大統領は不正だらけ」「こういう人が大統領になっては駄目だ」「次に拘束される大統領は誰か?」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

朴前大統領が刑の執行停止を申請「火に焼かれ、刃物で切られたような痛み」

17日、韓国・アジア経済によると、「国政介入事件」の上告審の判決宣告を控えている韓国の朴槿恵前大統領が、公職選挙法違反で確定した懲役2年の刑の執行を停止するよう求める申請書を検察に提出した。写真は朴槿恵大統領(当時)の退陣を求めるポスター。

Record China
2019年4月18日 6時40分
続きを読む

ランキング