Record China

ヘッドライン:

中国でマスクやアルコール消毒液に続いてプリンターが入手困難に、その理由とは?

配信日時:2020年2月21日(金) 7時50分
拡大
19日、中国メディアの観察者網は、中国でプリンターの需要が急増し、手に入りにくくなっていると伝えた。写真は勉強している子ども。

2020年2月19日、中国メディアの観察者網は、中国でプリンターの需要が急増し、入手困難になっていると伝えた。

新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため、中国では多くの学校がオンライン授業を採用している。しかし、記事によると、教材や練習プリント、宿題などをプリントアウトする必要があり、中にはカラー印刷しなければならない場合もあるという。

プリンターのない家では印刷できないため、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の保護者のグループ内では、マスクや消毒液のほかに「プリンターを求む」とのメッセージを投稿する人が相次いでいるという。

記事は、「倉庫に大量のプリンターの在庫はあるものの、多くの工業団地ではまだ操業再開の許可が下りておらず、発送できない状態だ」と説明。また、「一部の倉庫では物流が止まっているため配送に遅れが出ていることも関係している」としている。

このため、保護者らは「あの手この手」で印刷しているようだ。仕事の必要から昨年プリンターを購入していたある母親は、近所の親たちから大量の印刷を頼まれるようになり、一気に「人気者」になったという。

また、別の保護者は会社に当直で出勤している同僚に頼んでプリンターを使って印刷してもらい、宅配サービスを利用して届けてもらったといい、「普段は会社の物を私用に使うことはしないが、今は特殊な状況なので仕方がない」と話しているという。(翻訳・編集/山中)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング