中国の「バッタ対策」技術は世界トップクラス、パキスタンに専門家派遣―中国メディア

Record China    2020年2月20日(木) 18時10分

拡大

19日、中国経済網は、大量のバッタが襲来して農作物に被害がでているパキスタンに、中国の専門家が派遣されることになったと報じた。写真は2009年に内モンゴル自治区で発生したイナゴ。

2020年2月19日、中国経済網は、大量のバッタが襲来して農作物に被害がでているパキスタンに、中国の専門家が派遣されることになったと報じた。

記事は、パキスタン東部では昨年6月以降イナゴの襲来が続いており、今年に入って同国政府が蝗害(こうがい=イナゴ・バッタ類による被害)緊急事態宣言を発表したと紹介。これに対し、中国の姚敬(ヤオ・ジン)駐パキスタン大使がパキスタンのバフティヤール国家食糧安全保障・研究大臣と会談した際に、中国がバッタ駆除専門家チームを結成してパキスタンに派遣し、対策策定に協力することを明らかにしたと伝えた。

そして、中国側の申し出に対してパキスタン側が「新型コロナウイルス対策に全力を注ぐ中、わが国のバッタ被害にも多大な支援をしてくれることに感謝する。中国のバッタ対策技術は世界をリードしており、中国の先進的な技術による助けを借りて対策を講じたい」との考えを示したとしている。

記事がパキスタン政府の統計として紹介したデータによれば、同国内では現在1日当たり3万5000人分の食料がバッタに食い荒らされており、今年は穀物や綿花の収穫が大きな打撃を受ける見込みだという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携