2000年以上前の光り輝く青銅剣出土、建設現場で発見された古墓群から―湖南省汨羅市

Record China    2013年10月25日(金) 13時50分

拡大

23日、湖南省岳陽市汨羅市の建設現場で発見された古墓群から、2000年以上前のものと思われる青銅の武器や玉器、陶器、滑石器などの貴重な文物が多数発掘された。

2013年10月23日、湖南省岳陽市文物考古研究所の発表によると、このほど汨羅(べきら)市の建設現場で発見された古墓群のうち、23基の墓の発掘が完了し、青銅の武器や玉器、陶器、滑石器などの貴重な文物60点以上が出土した。24日付で瀟湘晨報が伝えた。

この古墓群は岳陽市で発見された古墓としては最も密集したものであり、初期鑑定では東周時代(紀元前771年〜前256年)のものと判断される。岳陽市文物管理所の羅(ルオ)研究員によると、23基の墓はすべて東西方向を向いており、墓室内の壁は規則的に作られ、敷き詰められている土は人工混合土壌の「五花土」が使われていた。

古墓群から出土した青銅剣は2000年以上の時がたっているにもかかわらず、保存状態は極めて良好。全長約50cmで鋭利な刃を持ち、発掘当時も光り輝いていたという。これについて羅研究員は、「白膏泥(白陶土、カオリン)の保存作用と、当時の青銅器製造技術が優れていたことが原因だと考えられる」と説明した。(翻訳・編集/本郷)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携