Record China

ヘッドライン:

操業再開進む 中小零細企業向け支援策強化へ

配信日時:2020年2月20日(木) 0時40分

「新型肺炎対策における地域・部門連動型の共同予防・抑制メカニズム」が19日北京で開いた記者会見によりますと、全国各地の操業再開に積極的な進展が見られました。

 中でも、広東省、江蘇省、上海市など経済が発達している地域では、一定規模以上(年商2000万元以上)の工業企業は半分以上が操業を再開しています。国家発展改革委員会が重点的にモニタリングしている食糧・食用油の加工企業37社のうち、36社が生産を再開したほか、非鉄金属業界では重点企業の操業再開率が80%に、製油業界では60%以上に達しています。

 一方、一部の企業では人手不足の問題を抱えています。これについて、人的資源・社会保障部の責任者は、重点企業の人手を確保するための24時間調達保障メカニズムがすでに開設され、直近では2600社を対象に10万3000人の人手を確保したと明らかにしました。

 また、国務院常務会議では、企業の年金、失業保険、労災保険などの納付額を段階的に引き下げる政策を発表しました。これについて、人的資源・社会保障部の関係筋は、これらの政策は中小零細企業や感染状況の深刻な地域において、減免の幅をさらに引き上げて実施すると示しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ロシアの一時入国禁止に「早期調整を期待」=外交部

ロシアが新型コロナウイルス感染症への対策として一時的に導入した入国規制について、外交部の耿爽報道官は19日、「ロシア側からは外交ルートを通じた事前通報を受けている。中国は、ロシアを含む国際社会が感染の状況を客観的かつ理性的にとらえ、人的往来と各分野での協力がその影響を受けないよ...

CRI online
2020年2月20日 0時0分
続きを読む

米が最大1億ドル支援 「早期の役割発揮に期待」と外交部

米国務省が新型コロナウイルスの予防・抑制を支援するため、最大1億ドルを中国やその他の国に提供すると発表したことを受け、外交部の耿爽報道官は19日のオンライン記者会見で、「関連支援が感染の予防・抑制に早期に役立てるよう期待する」と述べました。 在中国米国大使館が8日、SNSの「微...

CRI online
2020年2月19日 23時30分
続きを読む

習総書記、医療関係者へのいたわりを強調

新型コロナウイルスとの戦いに従事している医療関係者に寄り添い、彼らをいわたることをめぐり、習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は指示を出し、「これを極めて重要視して、色々な面から彼らをサポートしていかなければならない」と述べました。 習総書記は、「人員...

CRI online
2020年2月19日 23時20分
続きを読む

ランキング