Record China

ヘッドライン:

【動画】日本で新型コロナ感染拡大、台湾人は日本人観光客をどう見ている?

配信日時:2020年2月19日(水) 20時50分
拡大
中国武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大する中、台湾の人々の注目が日本に注がれている。写真は台北市。

中国武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大する中、台湾の人々の注目が日本に注がれている。

日本国内では、18日の時点で616人(クルーズ船の乗員乗客542人含む)の感染が確認された。中国では、日本で日増しに増える感染者の状況が逐一伝えられているほか、15日に岡山県で行われたはだか祭りや16日に日本各地で行われたマラソン大会など、人が大勢集まるイベントが中止されなかったことに驚きと懸念を示す声が上がっている。

一方で、中国人と同様に日本旅行が大好きな台湾人も日本の状況を気にかけているようだ。台湾メディアの自由時報は18日、日本での感染拡大について台湾人にインタビューした様子を収めた動画をYouTubeに掲載した。

動画では、「新型コロナウイルスへの感染が世界で広まっており、慎重かつ衛生面に注意を払う日本においても感染ルート不明の患者が続々と増えている。安倍首相のフェイスブックには対応の遅さを批判するコメントが書き込まれている。台湾人はどう見ているのか」とし、台北の人に話を聞いている。

日本人の妻を持つ男性は日本の対応について、「初めはそれほど緊張感がなかったと思います。その後、マスクが全部中国人に買われて、自分たちの分がなくなって。なので、緊張感が段々増してきていると思います。妻は4月に日本に戻る予定でしたが、たぶん中止すると思います。台湾は比較的安全だと思います(台湾の感染者は18日正午の時点で22人)」と話した。

別の若い男性からは「(日本の対応は)遅すぎる。初めのうちは気にかけていなかった。だから感染拡大を招いたと思う。中国人は日本に行くのが好きなので」という声が出る一方で、ある女性は「台湾が気にし過ぎなのではないでしょうか。だから他の国の対応が遅く、警戒心がないように感じるのだと思います」と話した。

また、春節(旧正月)期間中に日本を旅行してきたという女性は、「中国本土の観光客が奪い合うようにマスクを買っていました。なので、彼ら(日本人)もこの点には反感を抱いていました」と振り返った。一緒にいた別の女性は、日本人観光客が台湾を訪れることについて「感染が拡大し続けなければ来ても大丈夫。でも、こういう時期なので万が一が怖い」と話した。

このほか、「近く沖縄に行く予定。今は中国本土の観光客が少ないから。友人は(沖縄で)見たのはみんな台湾人か日本人かその他の国の人だと言っていた」という人や、「台湾の検疫官はしっかりしていると信じているから、(日本人観光客が)手続きを通過するのであれば来てもらっても大丈夫。(自分が日本に行くのは)しばらくはないかな」という人もいた。

日本政府観光局(JNTO)によると、2019年の訪日台湾人観光客は前年比2.8%増の489万600人で過去最多に。中国、韓国に次いで3番目に多かった。一方、訪台日本人観光客は目標だった200万人を突破した。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング