Record China

ヘッドライン:

「安倍」が中国版ツイッターのランキングでトップ10入り、その理由は…

配信日時:2020年2月19日(水) 11時0分
拡大
19日朝、中国版ツイッターと呼ばれる中国のSNS・微博の検索キーワードランキングのトップ10に「安倍」が入った。写真は安倍首相(出典:内閣府 https://www.kantei.go.jp/)

19日朝、中国版ツイッターと呼ばれる中国のSNS・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングのトップ10に「安倍」が入った。

共同通信によると、新型コロナウイルスへの感染が確認された運転手(60代男性)のハイヤーに、同社職員10人が1月末から2月初めの4日間にかけて乗車。そのうちの1人が首相官邸を担当する政治部の記者だった。

菅官房長官は17日の会見で共同通信から連絡があったことを認め、「報告の内容を踏まえ、適切に対応していきたい」と述べた。なお、10人は全員発熱などの症状はなく、同日から自宅待機しているという。

18日に中国共産党系の環球時報など複数の中国メディアがこれを報じたことで、「安倍首相にも新型コロナウイルスの感染の危険が及んだ」とネットを中心に話題になった。19日朝には微博の検索キーワードランキングで「安倍」がトップ10に入り、話題が沸騰していることを表す「沸」のマークが付いた。

ネットユーザーからは、「新型コロナ『日本に来たばかりなのに、うっかり王手をかけてしまった」「安倍首相は驚いただろうな」「これはもう安倍さんは自発的に14日間隔離されるべき」「首相でも(感染の疑いがあれば)隔離されるのか?」「日本はいいかげん事態を重く見るべき」といった声が上がった。

また、「ウイルスの前では政治は抜きだ。みんなが健康でありますように」「日本はウイルスに打ち勝ってほしい。中国は応援している」「人類共通の災難。共に闘おう」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/北田

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング