Record China

ヘッドライン:

ファンから集めた寄付金を武漢へ、批判を浴びた韓国男性歌手、中国ネットでは「行動重視」で感謝の声も

配信日時:2020年2月19日(水) 22時50分
拡大
中国のファンから武漢への寄付金を募ったとして批判を浴びた韓国の男性歌手ファン・チヨルだが、その所属事務所が18日にこれまで寄付した物品と金額の明細を公開している。
(1/2枚)

中国のファンから武漢への寄付金を募ったとして批判を浴びた韓国の男性歌手ファン・チヨルだが、その所属事務所が18日にこれまで寄付した物品と金額の明細を公開している。

その他の写真

ファン・チヨルは2016年、中国で音楽番組に出演して人気沸騰したことで、中華圏でも知名度が高い歌手。湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大する中、所属事務所のHOW Entertainmentが銀行口座に振り込む形で、中国のファンから武漢市への寄付金を募ったことがこのほど明らかになり、韓国を経由して寄付させる不可解さや、自分ではなく他人に寄付させようとする行為がおかしいとして批判を浴びていた。

18日、HOW Entertainmentではファンカフェを通じ、これまでに寄付した物品と寄付金の明細を公表。ファン・チヨル自身が今月10日に3000万ウォン(約270万円)を寄付し、中国をはじめ各国のファンから集まった寄付金を「チヨルリーダー」名義で同11日に寄付したとしている。

ファン・チヨルは昨年、韓国のテレビ番組で「中国の空気はひどかった」「水の味も違った」などと発言したことにより、中国で炎上騒ぎになったことも中国のネットユーザーの間では記憶に新しい。このため、今回の武漢への寄付が「汚名返上のための苦肉の策ではないか」と疑う声も上がり、ニュースサイトの網易ではアンケート調査を実施。「汚名返上が目的と思う」と答えた人は30.4%、「実際に寄付をしたのだから感謝する」を選んだ人は69.6%となり、感染が広がる厳しい状況の中、目的はさておき実際の行動を見せたことを評価する人が過半数を超えている。(Mathilda

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング