Record China

ヘッドライン:

2019年の自動車生産台数、日韓は何位?

配信日時:2020年2月19日(水) 12時40分
拡大
18日、韓国・中央日報などは、昨年の韓国の自動車生産台数が前年に引き続き「世界7位」を維持したと伝えた。写真は韓国の駐車場。

2020年2月18日、韓国・中央日報などは、昨年の韓国の自動車生産台数が前年に引き続き「世界7位」を維持したと伝えた。

記事は、韓国自動車産業協会が17日に発表した報告書「2019年10大自動車生産国の現況」の内容を伝えている。それによると、韓国の生産台数は前年比1.9%減の395万台。世界市場におけるシェアは0.1%増の4.2%だった。ただ、6位のメキシコとの差は2018年には7万20000台だったが、昨年は2万2000台に縮んだという。

1位から10位までは中国、米国、日本、ドイツ、インド、メキシコ、韓国、ブラジル、スペイン、フランスの順で、18年と変動はなかったという。

これを受け、韓国のネット上では「大国が多い中、こんなちっぽけな国が7位キープ。素晴らしい」「中国やメキシコ、インドなどは世界的なブランドがないから、韓国は事実上4位だ」と喜びの声が上がっている。

一方で「メキシコは米車を生産する国。自国ブランドのない国と比べてどうするの?」「世界有数の自動車企業が中国で生産してる」と指摘する声も出ている。

また、韓国内の自動車メーカーに対し「台数が重要?質のいい車を生産して、ブランド価値を高める方が大事」「台数ばかり気にするのではなく、しっかり造って相応の価格で売ろうよ」と呼び掛ける声や、「貴族労組が欲を出さなければ…」「内需が落ちれば貴族労組もなくなって車の価格も下がるかな」と厳しい声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング