Record China

ヘッドライン:

日本に派遣された韓国の「大統領専用機」、ネットでは“意外な点”が論争の的に

配信日時:2020年2月19日(水) 11時40分
拡大
18日、韓国・マネートゥデイは、日本に向かった大統領専用機の「意外な点」が論争の的になっていることを報じた。資料写真。

2020年2月18日、韓国政府は横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の韓国人乗客を国内に移送するため、日本に「大統領専用機(空軍3号機)」を派遣した。これをめぐり、韓国のネット上では意外な点が論争の的になっている。

韓国メディア・マネートゥデイによると、韓国人搭乗者は乗客9人、乗員5人の計14人で、このうち韓国居住者は3人。人数が多くないことから、民間のチャーター機ではなく輸送機が派遣された。この輸送機を複数の韓国メディアが「大統領専用機」と伝えているが、マネートゥデイは「実際に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が乗ったことはないため、一部では『大統領が直接管理しているイメージを与えるための名前』だと見る声が上がっている」としている。

同輸送機は1990年にインドネシアから導入した輸送機を改造したもので、初期には大統領専用機として使用されていたが、2008年からは公務の首相や長官らも搭乗できるようになった。実質10年以上「政府の輸送機」として使われており、文大統領は1度も乗ったことはない。そのため、軍関係者らは「空軍3号機は大統領専用機ではなく、政府輸送機と表現するのが筋」と話しているという。さらに一部では「誤解を招く恐れがある」との指摘や、野党からは「総選挙のためではないか」という批判まで出ているという。

この記事は韓国のネット上で大注目を集めており、「なぜ専用機と表現するのか。見た目からして違うのに」「意図がばればれ」「国民を救出する時も自分の利益のことを考えるのか」などの声が上がっている。

一方で、「そんなところを気にするのは政治家だけ」「大統領専用機であれ政府輸送機であれ、重要なのは国民を保護すること」と冷静なコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング