Record China

ヘッドライン:

外地からの被雇用者に20日から検査義務 カジノも再開=マカオ

配信日時:2020年2月18日(火) 14時40分

マカオ特別行政区政府の新型コロナウイルス対応調整センターは17日に記者会見を開き、20日午前零時より、マカオ以外からの被雇用者に対して医師からの証明書の提出を求めることを発表しました。また、15日間にわたり営業が停止していたカジノが、同日同時刻から営業再開を認められるということです。

 春節(旧正月)の大型連休が明け、企業活動の再開が進むことで、今後マカオに戻ってくる労働人口はさらに増えることが見込まれます。マカオでは新型肺炎の感染拡大防止策として、今月20日零時より、マカオに入る被雇用者は新型コロナウイルスに感染していないことを示す医師からの証明書の提出が求められます。

 また、マカオ以外から働きに来る被雇用者については、マカオに入るまでの14日間に大陸部への渡航歴がある場合、マカオの保健部門が指定した広東省珠海市の施設で14日間の医学観察を受け、珠海市の衛生部門が発行した医師の証明書を取得する必要があります。

 この証明書を取得せず、出発地にも戻れない場合は、マカオの保健部門が指定したマカオ内の施設で医学観察を受ける必要があり、その関連費用は自己負担となります。

 この日の記者会見では、マカオ特別行政区政府長官の許可のもと、カジノなど娯楽施設の営業も20日零時より再開することが発表されました。ただし、映画館、カラオケ、バーなどは対象外となっています。

 なお、17日午後3時現在、マカオの新型肺炎の感染患者の数は10人で、そのうち5人が全快し、5人が軽症となっています。また、現在まで13日連続で新たな感染者は確認されていません。

(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国大陸各地の医師3万2000人が武漢に派遣中

国家衛生健康委員会は17日の記者会見で、「現在、各地から武漢市に派遣されている呼吸器、感染症、重症患者の診療などの専門医師は3万2000人に上っている。これに加えて、看護師なども数多く派遣している」と発表しました。 そのうち、重症患者の診療を専門とする医師は1万1000人で、全...

CRI online
2020年2月18日 14時35分
続きを読む

【CRI時評】一部の者が渇望する「中国切り離し」は空想にすぎない

中国では2月16日に、二つの出来事が発生した。 まず一つは世界保健機関(WHO)が組織・派遣した専門家連合チームが北京に到着したことだ。チームの専門家は中国の関連部門や専門家と会合を行うなど、感染症の予防・抑制活動のために中国側と共に努力している。 もう一つは、中国・欧州間の定...

CRI online
2020年2月17日 23時30分
続きを読む

李総理、新型肺炎対策指導グループ会議を主宰

党中央の新型肺炎対策指導グループ会議が17日、李克強総理の主宰により開かれました。会議では「全国的な状況は良い方向に向かって積極的に改善されつつある」と確認された上で、「現在、新型肺炎の流行は依然として武漢市と湖北省に集中しており、先行きは複雑なものになることが想定される。その...

CRI online
2020年2月17日 22時50分
続きを読む

中国・WHO合同専門家チームの海外人員が北京入り 米国からも

外交部の耿爽報道官は17日、オンライン記者会見の中で、「中国と世界保健機関(WHO)による合同専門家チームの、WHO側メンバーが北京に到着した。その中には米国からの専門家も含まれている」と明らかにしました。 合同専門家チームはすでに作業を開始しており、今後、北京市、広東省、四川...

CRI online
2020年2月17日 21時45分
続きを読む

華僑・華人からの支援は「中華民族の結束力の具現化」=外交部

ここ数日間、海外在住の華僑・華人らが、中国で行われている新型肺炎との戦いを全力を挙げて支援していくと表明しています。これに対し、外交部の耿爽報道官は17日のオンライン記者会見で、「華僑・華人の人々の、偽りない素朴な感情に心を打たれている。彼らの無私の支持と思い切った援助を心から...

CRI online
2020年2月17日 21時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング