Record China

ヘッドライン:

日本だけじゃなく香港でも、飲食店が「中国本土人お断り」―中国メディア

配信日時:2020年2月18日(火) 14時30分
拡大
18日、環球時報は、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、香港で中国本土人の入店を断る飲食店が続出していると報じた。

2020年2月18日、環球時報は、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、香港で中国本土人の入店を断る飲食店が続出していると報じた。

記事は、17日夜現在、香港では新型コロナウイルスによる肺炎の発症例が60件確認されていると紹介。香港・星島日報は17日に「香港の飲食店約100軒が防疫を理由に中国本土客の入店を断っている」と伝えた。実際にSNS上で本土からの客の入店を拒否している飲食店で共通語(中国で主に使用される普通話。香港では一般に広東語が使われる)を話してみると、店員から「どこから来た」と聞かれ、「中国本土だ」と答えると直ちに追い出されたという。

報道によると、本土人の入店拒否を掲げている飲食店の店主らは「あくまで客や従業員のことを考えた措置であり、差別ではない」と語っているという。

記事は一方で、「明らかに中国本土人に対する差別が含まれている。防疫が理由だとしても、ふさわしいやり方ではない」との声が、香港の弁護士や政治家など有識者から出ていることを併せて紹介した。

新型コロナウイルスをめぐって中国人の入店を断るケースは日本でも発生している。先月末には静岡のラーメン店が入店した中国人観光客を追い出すトラブルが起き、今月に入ってからは札幌のラーメン店が「中国人観光客入店お断り」の張り紙を掲示し、それぞれ中国のネット上で注目された。ただ、いずれも中国ネットユーザーからは店側に理解を示す声が多く寄せられていた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング