Record China

ヘッドライン:

日本で新型コロナウイルス感染拡大、「わが身の事のよう」と中国外交部報道官

配信日時:2020年2月18日(火) 11時40分
拡大
17日、中国外交部の耿爽報道官は同部公式サイト上で行われた定例記者会見で、日本での新型コロナウイルス感染拡大に対する中国政府の姿勢を示した。写真は日本駐中国大使館微博より。
(1/4枚)

2020年2月17日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は同部公式サイト上で行われた定例記者会見で、日本での新型コロナウイルス感染拡大に対する中国政府の姿勢を示した。

その他の写真

記者会見では「日本国内の各地で新型ウイルスの感染例が確認されており、権威ある機関は日本がすでに爆発的感染の初期段階に入ったとの認識を示している。日本政府も感染が新たな段階に入ったとしたうえで、対応方針の変更を決定した。中国政府として、日本での感染拡大をどう見るか。日本とさらに協力をするか。日本に支援を提供するか」との質問が出された。

これに対し耿報道官は「中国政府は日本国内でのウイルス感染状況を注視し、わが身の事のように感じている。ウイルス感染に国境はないが、人の世には情がある。国際社会、特に隣国間では協力を強め、手を取り合ってこの試練に対処すべきだ」と述べた。

また、中国でのウイルス感染拡大に対し、これまで日本の政府や社会各界が支援の手を差し伸べてきたことについて改めて「われわれは心に刻んだ。深く感謝をする」としたうえで、「中国国内の状況も依然として厳しいが、自国の感染抑止に努力すると同時に、日本への情報や経験の共有もしたい。そして、日本が必要とするなら、力が及ぶ範囲で積極的に支援していきたい。実際、両国はすでにこの方面での具体的な作業に着手している」と語った。

そして最後に「われわれは、日本政府と意思疎通を続け、防疫分野の協力を強化し、両国民の命の安全、身体の健康を、地域や世界の公衆衛生の安全を共に守る所存だ」とした。(翻訳・編集/川尻

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング