Record China

ヘッドライン:

WHO専門家チームの視察行程に湖北省と武漢が含まれていないのはなぜか―中国紙

配信日時:2020年2月18日(火) 17時30分
拡大
17日、中国紙・環球時報は、新型コロナウイルスに関連し中国入りしたWHOの専門家チームの視察行程に、感染が最も深刻な湖北省と同省武漢市が含まれていない理由について、専門家の見方を伝えた。写真は北京。

2020年2月17日、中国紙・環球時報は、新型コロナウイルスに関連し中国入りした世界保健機関(WHO)の専門家チームの視察行程に、感染が最も深刻な湖北省と同省武漢市が含まれていない理由について、専門家の見方を伝えた。

環球網によると、米国を含む各国の専門家で構成するWHOの専門家チームはすでに北京で視察活動を開始しており、その後、南部の広東省と内陸部の四川省を視察する予定だという。

公衆衛生と健康政策が専門の米イェール大学の陳希(チェン・シー)助教授は17日、環球時報の取材に応じ、WHO専門家チームの視察先について、「国家衛生健康委員会や中国疾病予防コントロールセンターが拠点を置く首都・北京が視察行程に含まれるのは道理にかなっている」とした上で、広東省については「(国家衛生健康委員会のハイレベル専門家グループのグループ長で、呼吸器疾患専門家の)鐘南山(ジョン・ナンシャン)氏と意見交換するためだろう。先月末、米コロンビア大学の教授で『世界で最も有名なウイルスハンター』として知られるW・イアン・リプキン氏は、鐘南山氏に会うためにわざわざ広東省まで出向いている」と指摘した。

また「広東省は、重症急性呼吸器症候群(SARS)以降、中国国内で医療システムが最も完備された地域であり、北京とともに国内の二つの測量指標だ」とも指摘した。

四川省については、「同省の尹力(イン・リー)省長が公衆衛生分野で豊富な経験を有していることや、同省が米国の公衆衛生専門家との交流が多いこと」を挙げ、「WHOの専門家チームが中国の一連の感染症対策を理解したいなら、同省視察はより専門的な要求にかなう選択肢だ」とした。

感染が最も深刻な湖北省と同省武漢市が含まれていない理由については、「湖北省は現在、感染の予防・抑制活動における重要な時期にあり、受け入れ能力が限られていることが大きい」との見方を示した。(翻訳・編集/柳川)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

WHOの専門家グループ、中国3つの省を視察へ

国家衛生健康委員会の米鋒報道官は、15日に北京で開かれた国務院の記者会見で、「世界保健機関(WHO)の専門家は今週末に北京入りし、中国・WHO新型コロナウイルス肺炎の共同専門家視察グループを組んで活動を行う」と発表しました。 米報道官は、「専門家らは3つの省や市を視察し、都市部...

CRI online
2020年2月16日 12時10分
続きを読む

WHO専門家:中国の対策により感染は最終的収束を楽観視

世界保健機関(WHO)の流行病感染症予防の専門家ロバート・ステフェン教授は現地時間13日、ジュネーブで中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)の取材に対し、「感染拡大を抑制するために中国が払った多大な努力を鑑みれば、感染の最終的収束については楽観視している」と示...

CRI online
2020年2月14日 12時40分
続きを読む

ランキング