Record China

ヘッドライン:

新型コロナウイルス感染が治癒した医療従事者20人が重症患者に血漿を提供―中国

配信日時:2020年2月17日(月) 19時10分
拡大
武漢市内で、新型コロナウイルス感染が治癒した医療従事者20人が、他の感染患者の治療を目的として血漿を提供し、重症患者12人がこの血漿を利用した血漿製剤による治療を受けている。写真は武漢の臨時病院。

湖北省新型コロナウイルス感染予防・抑制科学研究攻関チームは16日、「武漢市内で、新型コロナウイルス感染が治癒した医療従事者20人が、他の感染患者の治療を目的として血漿を提供し、重症患者12人がこの血漿を利用した血漿製剤による治療を受けている」と明かした。新華社が伝えた。

武漢市江夏区中医病院及び江夏区第一人医院に勤務する医療従事者20人が、新型コロナウイルス感染の治癒から10日後、自ら献血を申し出た。これらの血液は、中国生物武漢生物製品研究所と中国科学院武漢病毒研究所に運ばれ、安全性に関する検査や不活性化処理が行われた後、臨床治療に用いられる血漿製剤約3000ミリリットルが作られた。

そして江夏区第一人民病院に入院中の重症患者9人とそれ以外の医療機関に入院している重症患者3人にこの血漿製剤による治療が施された。同病院の専門家は、「治療を受けて12時間から24時間後に、患者の血中酸素飽和濃度が目に見えて上昇し、主な炎症指標は顕著に低下し、リンパ細胞の割合は上昇、重点指標は全面的に改善され、臨床診断でのバイタルサインや症状もすべて好転し始めている」としている。

「具体的な治療効果については、もうしばらく経過観察が必要で、治療プランも絶えず合理化・改善されている。新型コロナウイルス感染患者は治癒してから10日間経過したことで、身体機能はすでに回復しており、血漿製剤のための献血が身体の健康に影響を及ぼすことはない」と専門家は続けた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

新型肺炎の回復者から抗体発見 血漿を重症患者の治療に活用=医学専門家

武漢金銀潭病院の張定宇院長がこのほど、「新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができている」と明らかにしました。新型コロナウイルスへのワクチンや特効薬がまだ無い現在、この抗体を含む血漿を利用した血液製剤が、新型肺炎を治療する最も効果的な手段になると見られています。 ...

CRI online
2020年2月15日 16時20分
続きを読む

ランキング