Record China

ヘッドライン:

中国はなぜ新型肺炎に打ち勝つ自信があるのか

配信日時:2020年2月17日(月) 16時55分

16日24時までに、湖北省を除いて中国大陸地区で新たに確認された新型コロナウィルスによる肺炎患者数が13日間連続して減少しています。それと同時に、完治した患者の数も急速に増加し、治療を受けて退院した人は累計で1万844人となりました。こうしたデータが示すように、中国が取った感染拡大防止の措置は効果的なもので、全体的に見れば、疫病は抑制されていることがわかります。

 2月15日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長はドイツで開かれた「ミュンヘン安全保障会議」で講演した際、「感染の拡大防止を防ぐ面で、中国は大きな努力を払っていると同時に大きな犠牲も払っている。これは国際社会から認められるべきだ」と強調した上で、事実と真理を究明する態度で、デマの拡散や不誠実な報道を阻止するよう各メディアに呼びかけました。

 一方、国際社会では一部の人が中国政府の対応を非難したり、中国経済が今回の新型肺炎でかなり後退するとの考えを示しています。

 これに対して、王毅国務委員兼外交部長はこのほど、ロイター通信の取材を受けた際、こうした質疑に対して反論し、新型肺炎に打ち勝つ自信を示しました。

 その中で、王外交部長は、「この自信はまず中国指導者の卓越した指導力によるものである。習近平主席は旧正月の初日に『全民動員』の会議を招集し、新型肺炎との闘いを準備した。習主席の指導の下で、新型肺炎中央対策指導グループが設置されたことにより、今のように全国が一致団結して新型肺炎と戦っていく局面が形成されている」と語った後、「この自信は同時に、中国の制度の優位性や国際社会からの幅広い支援によるものでもある」と指摘しました。(非、星)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

中国には新型肺炎に打ち勝つ自信がある=国連事務総長

パキスタンを訪問中の国連のグテーレス事務総長は16日、クレシ外相と会談後に共同記者会見を行いました。その際、新華社通信の記者の質問に対し、「中国は新型コロナウイルス肺炎と戦うために払った努力は著しい成果を挙げた。新型肺炎に打ち勝つ自信がある」と述べました。 グテーレス事務総長は...

CRI online
2020年2月17日 16時50分
続きを読む

「加油!中国」ケニアの人たちから中国にエール

新型コロナウイルスによる肺炎の流行が世界から注目されています。中国から遠く離れたアフリカのケニアには新型肺炎の患者が現れていませんが、地域の人々は新型肺炎と戦っている中国を支持しています。 ナイロビ大学の大学生で、「張美玲」という中国名を持つヒルダさんは、17日に天津師範大学に...

CRI online
2020年2月17日 16時45分
続きを読む

イタリア、特別機で医療物資を中国に

現地時間15日、中国での新型コロナウイルス感染拡大の抑制を支援するため、医療物資を積んだイタリアの特別機が南部の港町ブリンディジ空港を発ち、中国に向かいました。これは感染発生後、イタリア政府が中国を支援するために派遣した初めての特別機です。 機内にはマスク、防護服、防護メガネな...

CRI online
2020年2月17日 16時40分
続きを読む

生物の安全に関する立法が加速化

中央全面深化改革委員会第12回会議がこのほど開かれました。習近平総書記は、「生物の安全を国家の安全保障システムに取り入れ、できるだけ早く生物安全法を発表すべきだ」と強調しました。これは中国の生物安全法の立法が加速することにつながると見られています。 中国はこれまでに生物安全分野...

CRI online
2020年2月17日 15時0分
続きを読む

新型肺炎重症患者比率が激減=国家衛生健康委

国家衛生健康委員会は16日午後、「15日深夜24時の時点で、武漢市、湖北省及び全国の新型肺炎重症患者の比率はいずれも明らかな下降傾向を見せている。そのうち、武漢市の重症患者の比率は最も高かった1月28日の32.4%から、15日には21.6%まで下がった。また、湖北省やほかの市で...

CRI online
2020年2月17日 14時25分
続きを読む

ランキング