Record China

ヘッドライン:

AI点検整備システムのリスク発見率99.91%、高速列車の安全運行を保証―中国

配信日時:2020年2月19日(水) 8時40分
拡大
福州高速列車区間地上整備士が高速列車の点検整備を行った際に、携帯機器のアラームが急に鳴り響いた。写真は中国高速鉄道。

福州高速列車区間地上整備士がこのほど高速列車の点検整備を行った際に、携帯機器のアラームが急に鳴り響いた。スマートシステムからの映像と分析データにより、所在する高速列車の軸箱のダブルスプリングの内側に隠されていた亀裂の兆しを発見した。整備士は状況発見後、直ちにチームと処置を行った。これは中国初の「高速列車重要部品AI点検整備補助システム」の正式な使用開始後、新たに見つかった重要安全リスク源だ。科技日報が伝えた。

説明によると、高速列車の人の手による点検整備に存在しうる安全リスクを取り除くため、福州高速列車区間は人工知能(AI)技術を積極的に駆使し、「高速列車重要部品AI点検整備補助システム」「高速列車登頂安全スマート予防管理システム」などを開発した。うち前者は高速列車地上整備士の携帯機器に搭載される。整備士は作業中、リアルタイムで高速列車部品の映像記録をつける。スマートアルゴリズムにより高速列車に存在しうるボルトのゆるみ、スプリングの亀裂などの安全リスクを分析するとともに、直ちに作業員に対して音声と光、画像と文字による注意を出す。リスク発見率は99.91%にのぼり、使用開始されてから高速列車の140件以上の安全リスクを取り除いている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国はAIで米国より優位に立っているのか―米誌

24日、米外交専門誌ナショナル・インタレスト(電子版)はこのほど、「中国は人工知能(AI)で米国より優位に立っているのか」とする記事を掲載した。写真はテンセントが今年開催したAI活用に関する説明会。

Record China
2019年12月26日 8時50分
続きを読む

ランキング