河南省の大学、3分で結果が出る新型ウイルス検査試験紙を開発―中国

人民網日本語版    2020年2月18日(火) 13時0分

拡大

河南省科技庁が16日に明らかにしたところところによると、わずか3分で、肉眼で結果を確認できる、新型コロナウイルスのスピーディーな検査に使用できる核酸検査試験紙が開発された。写真は「武漢必勝」の文字。

河南省科技庁が16日に明らかにしたところところによると、わずか3分で、肉眼で結果を確認できる、新型コロナウイルスのスピーディーな検査に使用できる核酸検査試験紙が、河南農業大学の張改平(ジャン・ガイピン)院士が率いるチームによって開発された。科技日報が伝えた。

これは河南省科技庁が新型コロナウイルス肺炎に対処する緊急の開発プロジェクトだ。河南農業大学の張改平学長は河南農業大学、鄭州大学、河南省農業科学院動物免疫学重点実験室という3つの実験室の優位的資源を集め、精鋭の研究チームを発足させ、新型コロナウイルスのワクチンや検査技術の研究活動を緊急開始した。

現在すでにいくつかの段階的な成果が得られている。▽無作為不活化ウイルスのサンプル採取方法を提起し、ウイルス拡散の可能性を効果的に減らせる。▽独特なプライマーを設計・合成し、新型コロナウイルスに用いられる普通PCR検査試薬・蛍光定量PCR検査試薬の開発に成功した。うち後者の検査精度は、国が発表しているプライマーの10−100倍で、検査時間は1時間半。▽新型コロナウイルスのスピーディーな検査に用いられる核酸検査試験紙の開発に成功した。検査の精度は10コピー以下に向上。試験紙の反応時間は3分のみで、肉眼で結果を確認でき、専門的な機器・設備を必要としない。▽新型コロナウイルス抗体のスピーディー検査試験紙の開発に成功した。これは診断・治療の参考、疫学調査、免疫評価などに用いることができる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携