Record China

ヘッドライン:

札幌のラーメン店が中国人観光客お断り=中国ネット「理解できる」「中国の対応よりよっぽど礼儀正しい」

配信日時:2020年2月17日(月) 17時0分
拡大
中国武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を受け、札幌のラーメン店が中国人観光客の入店を断る張り紙を掲示したことが中国のインターネット上で話題になっている。写真は札幌。

中国武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、札幌のラーメン店が中国人観光客の入店を断る張り紙を掲示したことが中国のインターネット上で話題になっている。

張り紙には、「中国人観光客入店お断り」と大きな文字で書かれ、その下には「中国のお客さま方。新型コロナウイルスの日本での拡大を防ぐため、当店はやむを得ずしばらくの間、中国人観光客の皆さまの受け入れをお断りすることを決定しました。ウイルスの騒動が収束しましたら、また歓迎いたします。ご理解とご協力をお願いいたします。武漢頑張れ!中国頑張れ!」と記されている。

これを受け、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では最近、「日本のラーメン店が遠回しに中国人観光客の入店を断る」が注目ワードになった。中国メディアの梨視頻は13日、「日本の人々が自分から先に騒ぎ出した」とし、関西テレビの番組「報道ランナー」の様子を紹介している。

同番組では菊地幸夫弁護士が「店側には客を選ぶ自由はあるが、人種差別に該当すると判断された場合は不法行為になる可能性がある」とした他、街の人からは「中国人だからと入店を拒否したらいけない。それなら店を閉めるべき」「中国人だからはおかしいと思う。自己申告になるが、せきをしている人は(お断り)とか」という意見がある一方、「お風呂屋さんでも入れ墨がある人はお断りにしている。営業方針だからいいのでは」「かわいそうだけど仕方ない気もする」などと理解を示す声も上がっていることを伝えた。

中国のネットユーザーからは、「悪意を持って攻撃しているわけじゃないんだから、理解できる」「感染者が数十人のころならまだしも、数万人が感染している今、これは正常な対応だよ」「問題ない。逆の立場で考えてみよう」「非常事態だ。他のお客を守らないといけない」などと理解を示す声が相次いだ。また、「私たちが湖北省から来た人を拒否しているのと同じことだ」「(店の張り紙は)国内の武漢人への対応よりよっぽど礼儀正しい」「今、周りの湖北人や湖北省ナンバーの車を見た時、私たちはどんな態度をとっているか自分の胸に聞いてみよう」など、武漢や湖北省の人を敬遠する国内状況に照らしたコメントも少なくない。

この他、「中国人観光客は自覚して、さっさと帰国すべき」「中国人は自分で自分を律しないといけない。同胞や外国人に迷惑をかけてはいけない」などと指摘する声も上がった。

日本ではこれまでにも新型コロナウイルスをめぐって複数の店が中国人の入店を拒否したことが報じられてきたが、中国での反応はいずれも理解を示す声が大半を占めている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング