Record China

ヘッドライン:

女装してたら女湯に入ってOK?韓国で警察が驚きの対応

配信日時:2020年2月18日(火) 21時10分
拡大
13日、韓国・JTBCによると、ソウル市江南区にある銭湯で、男が女湯に侵入する騒ぎがあった。資料写真。

2020年2月13日、韓国・JTBCによると、ソウル市江南区にある銭湯で、男が女湯に侵入する騒ぎがあった。女性が警察に通報したものの、警察は捜査をしなかったという。

記事によると、男は女装をして約20分間、女湯に入浴した。女性たちが「出て行って」と大声を上げると、男は女湯から上がり、サウナを抜けて出て行ったという。被害女性の1人が警察に通報したものの、現場に駆け付けた警察官は店主に注意を呼び掛けただけで事件として受理せず、きちんとした捜査をしなかったそうだ。通報者には「スカートをはいてかつらをつけていたので、その方が男性かどうかを確認できなかった」と説明したという。

記事は、「今回のような事案は、性暴力処罰法違反の疑いで1年以下の懲役、または300万円以下の罰金が科せられる」とし、弁護士の話として「通報を受けた以上、警察は現場で加害者を特定し、犯罪の事実の有無を調べる義務があるが、職務を怠ったのではないか」と指摘している。

これに韓国のネットユーザーからは、「警察改革が急がれる」「性犯罪者は逮捕しないと。女性たちは、女装した男が入って来てどれだけ驚いたことか」「怖い世の中だ。今や銭湯にも行けない」「防犯カメラが設置されているはず。指名手配して捕まえるべき」などといったコメントが出ている。

一方、この騒動を、心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の観点からとらえ、「『私は心は女だから問題ない』と言われたらOKなの?」「『トランスジェンダーだ』と言ったら無罪になるの?」「自分が女性だと考えていれば、その人は女性なのではと考えている人は多いね」などといったコメントも見られる。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング