Record China

ヘッドライン:

男性1万人が裸で密着、岡山の奇祭に中国ネット「危機意識低すぎ」「今度は中国人が日本を応援することに」

配信日時:2020年2月17日(月) 11時10分
拡大
岡山市で15日、約1万人の締め込み姿の男たちが福を呼ぶとされる木、「宝木(しんぎ)」を奪い合う伝統の「はだか祭り」が行われたことが、中国でも関心を集めている。

岡山市で15日、約1万人の締め込み姿の男たちが福を呼ぶとされる木、「宝木(しんぎ)」を奪い合う伝統の「はだか祭り」が行われたことが、中国でも関心を集めている。

中国北京紙の新京報は16日、この奇祭について「500年以上の歴史があり、多くの人々に愛されている。だが非常に密接な(体の)接触を伴うため、新型コロナウイルスの感染拡大について人々の懸念を引き起こしている」とし、「日本国内では16日までに約400人が新型コロナウイルス肺炎の感染が確認されている」と伝えた。

これについて、中国のネット上では「危機意識が低すぎる」「自殺行為だ」「(武漢で感染拡大に拍車をかけたとみられる約4万世帯が料理を持ち寄る大宴会が行われた集合住宅団地の)百歩亭の日本版」「今度は中国人が漢詩の一節を添えて日本を応援することになりそう」「マスクを着ける場所を間違えてないか」などの声が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング