Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】「アメリカ・ファースト」こそが「ウエストレスネス」を招く元凶

配信日時:2020年2月16日(日) 21時15分
拡大
14日に開催されたミュンヘン安全保障会議で、米国下院のナンシー・ペロシ議長は中国が通信技術企業のファーウェイを通じて「デジタル独裁」を輸出しようとしていると非難した。会場で傍聴していた元外交部副部長の傅瑩(フー・イン)中国人民代表大会外事委員会副主任は質問に立ち「中国は改革開放...
(1/2枚)

 14日に開催されたミュンヘン安全保障会議で、米国下院のナンシー・ペロシ議長は中国が通信技術企業のファーウェイを通じて「デジタル独裁」を輸出しようとしていると非難した。会場で傍聴していた元外交部副部長の傅瑩(フー・イン)中国人民代表大会外事委員会副主任は質問に立ち「中国は改革開放以来、1G、2G、3G、4Gなど、元々は西側の通信技術を導入し、マイクロソフト、アマゾンはいずれも中国で大いに活動している。なぜ、中国のファーウェイの5Gだけが西側の民主制度の脅威になるのか。西側の民主制度はそれほど脆弱なものなのか?」と疑問の声を上げた。

その他の写真

 この質疑に会場からは拍手が起こった。ペロシ議長はファーウェイなどの中国企業は「自由企業のモデルになっていない」と主張した。しかし、正に「自由企業」が従うべき根本原則の一つに「無差別の原則」があり、ペロシ議長などの米国の政治家こそが、この原則に公然と背いている。英国やドイツなどはペロシ議長の見解には賛同せず、ファーウェイを含む他国の企業に公平な競争の環境を提供することを希望している。

 今回のミュンヘン安全保障会議のテーマは「ウエストレスネス(西側諸国の存在感の希薄化)」だ。おそらくは、米国が多くの問題で「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」政策を採っているためだろう。ドイツのシュタインマイアー大統領は「偉大な米国復活」は「最も親密な同盟国の利益を犠牲にするものだ」とはばかることなく指摘している。

 「ワシントン・ポスト」は数日前、米国中央情報局(CIA)が暗号化装置メーカーのクリプトAG社を秘密裏に所有し、半世紀以上に渡って、米国などいくつかの西側諸国のスパイ機関のために、各国から送信された暗号化メールを簡単に解読できるコードを密かに提供していたことを暴露した。この秘密計画は、全世界120以上の国々に及んでいた。こうした「全世界を監視する狂おしい欲求」はペロシ議長がいうところの「自由企業」とは全く対照的だ。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

華為の5G技術は民主制度を脅かすものではない

ドイツを訪問中の米民主党のナンシー・ペロシ下院議長は現地時間14日、ミュンヘン安全保障会議の初日に講演し、「各国が第5世代(5G)移動通信システムを発展させる中、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の導入を慎重に考えるべきだ。中国はファーウェイを通じて、デジタル独裁を目指...

CRI online
2020年2月16日 19時40分
続きを読む

疫病予防の中央支援物資の緊急対応を確保=食糧・物資備蓄局

国家食糧・物資備蓄局は16日、「我々は新型肺炎の感染が発生して以降、中央の支援物資の緊急対応を確保して、疫病予防・抑制に向けた戦いに力を入れていく方針だ」と示しました。 応急管理部の指示で1月28日から国家食糧・物資備蓄局は、累計で中央の支援物資17万8500件を調達しています...

CRI online
2020年2月16日 17時15分
続きを読む

王毅国務委員兼外交部長が韓国外相と会談=ミュンヘン

王毅国務委員兼外交部長は15日、ドイツで開かれているミュンヘン安全保障会議の出席期間中に、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談しました。 その際、王外交部長は中国における新型コロナウイルス肺炎の感染予防と抑制の最新状況について説明を行った上で、国際間の相互理解や連携の重要...

CRI online
2020年2月16日 15時15分
続きを読む

王毅国務委員兼外交部長が日本外相と会談=ミュンヘン

ドイツで開催中のミュンヘン安全保障会議に出席している王毅国務委員兼外交部長は現地時間15日、日本の茂木敏充外相と会談しました。 王外交部長はその際、中国の新型コロナウイルス肺炎との闘いに対する日本側の多大な支援と理解に感謝を伝え、「一衣帯水の隣国からの友情と温もりを感じられた」...

CRI online
2020年2月16日 14時55分
続きを読む

新型肺炎抑制における中国の努力を評価=WHO

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は15日、ドイツのミュンヘンで開かれている「ミュンヘン安全保障会議」で講演し、中国政府が新型コロナウイルス肺炎の感染抑制に払ってきた努力を高く評価したうえで、「中国が多大な努力と犠牲を払ったことは国際社会から認められるべきである」と強調し...

CRI online
2020年2月16日 14時25分
続きを読む

ランキング