Record China

ヘッドライン:

北京に戻ってくる人は全員14日間の経過観察に=ネットで賛否両論―中国

配信日時:2020年2月17日(月) 6時0分
拡大
14日、中国メディアの新浪新聞は、「北京では帰省先などから戻ってくる人全員に対し、自宅などで14日間経過観察する措置がとられる」と伝えた。写真は北京市。

2020年2月14日、中国メディアの新浪新聞は、ウェイボー公式アカウントで、「北京では帰省先などから戻ってくる人全員に対し、自宅などで14日間経過観察する措置がとられる」と伝えた。

北京に戻ってくる人は14日から、北京到着後、自宅などで14日間の経過観察をしなければならなくなった。これを拒否した場合、法に基づき責任が追及されるという。また、北京に戻る前に北京の勤務先と居住区に対し事前の報告が必要になる。

これについて、ウェイボーユーザーからは「つまり3月以降に職場復帰しなさいということですね。今復帰すると確かに安全ではない」「これは自分に対しても他人に対しても責任ある行為」など、この措置を評価するコメントが寄せられた。

一方で、「14日間では足りないのでは?」「省をまたいで出勤している人はどうなるのだ?河北省に住んで北京で働いているとか」「家で隔離されていたのが終わって、ようやく北京に戻ったらまた隔離されるのか」との指摘もあった。

ほかには、「これで仕事を失ったら誰が責任を取ってくれるのだ?」「収入がなくなってしまうではないか」「これは難しいことだ。生活は容易ではない」など、否定的な意見も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング