Record China

ヘッドライン:

厦門航空のオーストラリア籍の機長、休暇返上し武漢への操縦を自ら志願

配信日時:2020年2月15日(土) 7時0分
拡大
厦門(アモイ)航空に勤務するオーストラリア籍のマイルズ・バーナード・ウェストン機長は2月13日、休暇を返上して武漢行きフライトの操縦を自ら志願し、湖北省を支援する福建省医療チームのための生活物資輸送を

厦門(アモイ)航空に勤務するオーストラリア籍のマイルズ・バーナード・ウェストン機長は2月13日、休暇を返上して武漢行きフライトの操縦を自ら志願し、湖北省を支援する福建省医療チームのための生活物資輸送を行った。中国新聞網が伝えた。

新型コロナウイルス感染による肺炎の発生と拡大が進む中、ウェストン機長は、当初予定していた2月の休暇を返上し、アモイに残って、厦門航空のために微力を尽くしたいと申し出ているという。(編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング