Record China

ヘッドライン:

新型肺炎、日本で初の死者=中国ネット「お辞儀をして、ごめんなさいと言いたい」

配信日時:2020年2月14日(金) 11時0分
拡大
厚生労働省は13日、新型コロナウイルスに感染した80代の日本人女性が死亡したと発表した。中国のネットユーザーからは「ごめんなさい」などのコメントが寄せられた。資料写真。

厚生労働省は13日、中国武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した神奈川県の80代の日本人女性が死亡したと発表した。日本国内で同ウイルスに関連する死亡者が出たのは初めて。

厚労省によると、女性は1月22日に体調不良を訴え、2月1日に医療機関を受診。肺炎と診断され、入院治療を受けていたが、12日に病状が悪化し13日に死亡した。その後に出た検査結果から、新型コロナウイルスに感染していたことが分かったという。

中国メディアの環球網が同日付でこれを伝えると、中国のネットユーザーから4000件に迫るコメントが寄せられるなど、大きな注目を集めた。「この女性にお辞儀をして、ごめんなさいと言いたい」「黙とうを」といった声のほか、追悼の意を表すろうそくの絵文字が多数投稿された。

また、「日本でもウイルスが拡散しないでほしい。(中日)どちらも良くなりますように」「中日が一緒に頑張ろう」といったコメントも寄せられた。

中国のメディアでは日本での感染状況も逐一報じられており、ネットユーザーからは「申し訳ない」という謝罪のコメントがたびたび投稿され共感を集めている。(翻訳・編集/北田

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング