Record China

ヘッドライン:

方向性を見失った“韓国のレクサス”、世界市場での躍進は厳しい?=韓国ネット「当然だ」

配信日時:2020年7月31日(金) 8時20分
拡大
30日、韓国メディア・モーターグラフは、現代自動車のプレミアムブランド「ジェネシス」について、「速さより方向性が重視される高級車市場で道を見失っている」と指摘した。写真はジェネシス車。

2020年7月30日、韓国メディア・モーターグラフは、立ち上げから5年を迎えた韓国・現代自動車のプレミアムブランド「ジェネシス」について、「速さより方向性が重視される高級車市場で道を見失っている」と指摘した。

現代自動車は15年に「世界市場でトヨタ自動車のレクサスやフォルクスワーゲン(VW)のアウディ、メルセデス・ベンツなどに対抗できるブランドを目指す」としてジェネシスを発足させた。

記事によると、現代自動車グループは29日、ジェネシス事業部長のイ・ヨンウ副社長をイノーション(現代自動車系列の広告会社)の代表取締役に選任した。役職上は昇進したが、社内外では「問責による左遷」とみられているという。

ジェネシスは韓国内での販売は好調だが「問題は海外での販売不振だ」と記事は指摘している。同グループのチョン・ウィソン首席副会長は昨年の仕事始め式で「中国、欧州など海外への進出を促進し、グローバルブランドパワーを強化する」とし、ジェネシスブランドに関する短期目標を明確に提示した。その後グループ内部でも、ジェネシスの「ブランドの認知度向上を通じた米国市場の攻略」と「中国・欧州市場における成功的な定着」が当面の最大の課題とされていたという。

しかし記事は「最近までのジェネシスの動きを見ると、内需市場に没頭して新たなビジョンを提示できていない」とし、「世界の高級車市場に対する理解の低さと不透明なビジョン、前任者のマンフレッド・フィッツジェラルド副社長の色を消せなかったことなどがイ副社長の足を引っ張った」と指摘している。

その上で「ポストコロナ時代に高級車市場がどのように変化し、ジェネシスがどのような姿になっているかは予想しがたいが、現在のままでは内需市場にとどまっている可能性が高い」と予想している。

これに韓国のネットユーザーからは「当然だ。車の品質が悪いのに世界市場で通用するはずがない」「ジェネシスは価格だけ世界レベル」「ジェネシスがちゃんとした独立ブランドになるには、生産ライン、販売先、サービスセンターなどすべてを分離させるべき。プレミアムブランドを掲げているのに、続いて現代自動車のイメージのまま成功できるわけない。基本から間違っている」「現代自動車の車は見かけだけ華やか。オプションが増えるほど誤作動も増える」「海外で売れなくて良かった。韓国内と同じような事故を米国で起こしたら大変なことになる」「ハイブリッドも日本車に追いつけないのだからもう終わりだよ」など厳しい声が続出している。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング