Record China

ヘッドライン:

中国、湖北省と武漢市のトップを交代=欧米メディア「コロナウイルスの大流行における最大の政治的影響」

配信日時:2020年2月13日(木) 18時40分
拡大
13日、米華字メディアの多維新聞は、中国共産党が湖北省と同省武漢市のトップの交代を決めたことに関する欧米メディアの報道を紹介した。写真は応勇氏。

2020年2月13日、米華字メディアの多維新聞は、中国共産党が湖北省と同省武漢市のトップの交代を決めたことに関する欧米メディアの報道を紹介した。

中国国営新華社通信は、湖北省トップの蒋超良(ジアン・チャオリアン)共産党委員会書記に代わり、後任に応勇(イン・ヨン)上海市長を充てる人事が決まったと伝えた。武漢市トップも、馬国強(マー・グゥオチアン)党委書記に代わり、王忠林(ワン・ジョンリン)氏が起用される。

多維新聞によると、この人事異動について、英紙フィナンシャル・タイムズは、「今回の高位党員の再編は、中国共産党が新型コロナウイルスの大流行を抑制するために行った抜本的な措置の最新のエスカレーションであり、このアウトブレイクは、習近平(シー・ジンピン)氏が2012年に党総書記に就任して以来、最大の試練になっている」と伝えている。

米ブルームバーグは、「今回の決定は、これまでに1300人以上を死亡させたコロナウイルスの大流行における最大の政治的影響だ」と報じた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、「地方政府による感染症アウトブレイク対応への中央政府の不満の表れ」と伝えている。

米紙ニューヨーク・タイムズは、「湖北省の蒋超良党委書記は、コロナウイルスの大流行の処理に関して職を失った最高位の役人だ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング