Record China

ヘッドライン:

中共中央政治局常務委員会 新型肺炎の状況を分析し対策強化を検討

配信日時:2020年2月13日(木) 13時10分

中共中央政治局常務委員会は12日の会議で、中共中央新型コロナウイルス肺炎対策指導グループから報告を受け、新型肺炎の感染状況を分析し、対策の強化について検討した。習近平総書記が議長を務め、重要談話を発表した。新華社が伝えた。

習総書記は「新型肺炎が発生して以来、我々は常に人々の生命の安全と身体の健康を最重要視し続け、『固い決意、同舟相救う、科学的な予防・治療、ターゲットを絞った施策』という全体的要求に従い、新型肺炎対策を全面的に繰り広げてきた」と指摘。

「現在、新型肺炎の感染予防・抑制の取り組みは正念場にある。少しも手を緩めることなく拡大阻止の重点的取り組みを達成し、特に深刻またはリスクの高い地域での対策を強化する必要がある。各レベルの党委員会と政府は党中央の決定と方針に従い、重点を際立たせ、全体計画と各方面への配慮を両立させ、分類して指導し、地域別に政策を講じ、各取り組みを確実かつ詳細にしっかりと実行に移し、新型肺炎対策の人民戦争、総力戦、阻止戦に断固として勝利し、今年の経済・社会発展目標の達成に努力する必要がある」と強調した。(編集NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

ランキング