Record China

ヘッドライン:

新型コロナウイルスの正式名称は「COVID-19」、命名にはどんなルールがあるのか―中国メディア

配信日時:2020年2月13日(木) 20時40分
拡大
12日、科技日報は、現在感染が拡大している新型コロナウイルスによる疾患についてWHOが「COVID-19」と命名した理由について紹介する記事を掲載した。

2020年2月12日、科技日報は、現在感染が拡大している新型コロナウイルスによる疾患についてWHO(世界保健機関)が「COVID-19」と命名した理由について紹介する記事を掲載した。

記事は、WHOテドロス事務局長が11日に、新型コロナウイルスへの感染が引き起こす疾患の正式名称を「2019年コロナウイルス疾病」のイニシャルを取った「COVID-19」としたことを発表したと紹介。このネーミングについて、これまでの中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)と明らかに異なるのはなぜかと疑問を提起した。

そのうえで、WHOが他の国連機関協議を行ったうえで2015年5月に名称決定にかんするガイドラインを発表し「疾患名が防疫、旅行、動物の福祉に不要な悪影響を及ぼすケースを極力減らすとともに、いかなる文化、社会、国、地域、民族の権利や尊厳の侵害をも避ける」という方針を打ち出したと説明している。

そして、ガイドラインでは中東呼吸器症候群など特定地域名や人名、動物の名前、不明・致命・流行といった過度の恐怖を引き起こす言葉の使用を避けること、「異なる時期に類似の状況が発生した場合には日付を使用できる」ことが盛り込まれているとし、仮に2022年に再び新たなコロナウイルスによる伝染病が流行した場合には「COVID-22」と命名されることになるという専門家の見解を伝えた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング