Record China

ヘッドライン:

日本からの漢文メッセージを称賛し、中国メディアを「教養ない」とやゆする人々に物申す―中国紙編集長

配信日時:2020年2月14日(金) 10時30分
拡大
12日、中国紙・環球時報の胡錫進編集長が自身の微博アカウント上で、新型ウイルス感染拡大に対する日本からの「漢文応援メッセージ」をめぐるネット上の議論に苦言を呈する文章を発表した。

2020年2月12日、中国紙・環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長が自身の微博アカウント上で、新型ウイルス感染拡大に対する日本からの「漢文応援メッセージ」をめぐるネット上の議論に苦言を呈する文章を発表した。

胡氏は、ここ2日の間に中国のネット上で日本からの支援物資に付された漢文のメッセージが称賛されていることを紹介するとともに、「中国人が発するのは『武漢頑張れ』『中国頑張れ』ばかりだ」と比較し、中国政府系メディアを「教養がない」と揶揄(やゆ)する書き込みが拡散していると紹介した。

その上で、「漢文自体は素晴らしいし、間違いなく日本人の善意によるものだろう。しかし、漢文を『武漢頑張れ』と比較することは間違っている」と主張。「対比は一部ネットユーザーが不満やうっぷんを晴らすために書き込んだものである」との見解を示している。

そして、「これは一つの教訓だ。現在、ネット上で不満をぶちまけている人々は、総じて(自分への)リスペクトや慰めを求めている。また、今回のような書き込みは氷山の一角にすぎない。不快な発言の裏にある感情的な根源は、現実に基づくとともに複雑な物であり、簡単に対処することはできないのである」と論じた。

胡氏は最後に「実を求める姿勢を守るには、ミクロの真実を尊重しつつ、マクロ的な客観性を模索し、さらに人々の本当の心を把握する必要がある。主観性を用いて別の主観性を批判するようなことは避けなければならない。これは実に難しいのだが、非常に複雑な現在の世論において、この錨(いかり)を失ってしまえば、実を求める姿勢は風や波にあおられてどこかへと漂流してしまうのだ」とした。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング