Record China

ヘッドライン:

“香港版アカデミー賞” 金像奨、新型肺炎で授賞式を取りやめ、39年の歴史で初

配信日時:2020年2月13日(木) 15時0分
拡大
“香港版アカデミー賞”の香港電影金像奨が12日、各部門のノミネートリストを発表。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年は授賞式を取りやめるとしている。
(1/2枚)

“香港版アカデミー賞”の香港電影金像奨が12日、各部門のノミネートリストを発表。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年は授賞式を取りやめることを明らかにした。39年の歴史の中で、初めてのこととなる。

その他の写真

中華圏の3大映画賞の1つ、香港電影金像奨は今年4月19日に授賞式を行う予定だった。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、今月初めには授賞式会場を移転してのコンパクト化が明らかになった。これに続いて12日、金像奨協会主席のイー・トンシン(爾冬陞)監督が香港メディアに対し、授賞式を取りやめることを公表。5月上旬にも受賞作品および受賞者を発表する見込みとしている。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)流行時には、開催が危ぶまれながらも例年通り授賞式が行われたが、取りやめは金像奨が始まって以来初めてのこととなる。

ノミネートリストの発表についても、通常は記者会見が行われるが、今年はメディア各社に対してメールや書簡での発表に切り替えた。12日に公表されたノミネートリストでは、昨年夏に大ヒットした中国映画「少年的你」が今回最多の12部門に登場。同作に主演し、最優秀主演男優部門にノミネートされた人気ユニットTFBOYSイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)は現在19歳で、同部門ノミネートの最年少記録を更新。また、26歳の時に同部門で受賞した香港の俳優レオン・カーフェイ(梁家輝)の最年少記録更新に挑むこととなった。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング