Record China

ヘッドライン:

日本の対応は甘過ぎる?中国ネットユーザーが警鐘=「本当に解せない」「武漢のようにならないで」

配信日時:2020年2月18日(火) 17時0分
拡大
新型コロナウイルスの感染が拡大する日本で、テレビ番組の取材中に男性の感染が判明する事態が発生し、中国でも注目を集めている。写真はクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号(資料写真)。

新型コロナウイルスの感染が拡大する日本で、テレビ番組の取材中に男性の感染が判明する事態が発生し、中国でも注目を集めている。

湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスは、18日午前0時の時点で中国国内の死者は1800人以上、感染者は7万2000人を超えた。日本国内でも、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗員乗客を含めると感染者は500人を超える。

そうした中、TBSの「あさチャン!」は、感染者が相次いでいる屋形船での新年会に参加していたタクシードライバーの男性を取材。男性は新年会の参加者に発熱している人がいたことなどを説明し、自身も検査を受けたが「連絡がないので陽性ではない。仕事は続けている」とした。ところが、取材中に保健所から男性に電話があり、陽性だったことが判明。そのまま入院となった。なお、取材したディレクターは自宅で待機することになったという。

中国メディアの環球時報はこの一連の様子を中国語に翻訳して紹介。また、東京都が15日に行った会見で「検査対象者の方には自宅待機をお願いしていた。強制力はないがお願いしている」「(マスクをせずに無症状の状態でタクシーに乗せた場合、その客は濃厚接触者になるのかと聞かれ)基本的には無症状の方からはうつる可能性はないと考えられるので濃厚接触者ではない」と説明したことや、同じく都が「感染者と接触しても症状がなければ検査対象外」としていることを伝えた。

こうした対応に、中国のネットユーザーからは「甘く見過ぎでは?」「症状がなければ検査対象外というのは本当に解せない」「中国では症状がなくても感染した例が多数。日本の衛生部門は何をしているのか。隔離すべき人は全員隔離しないといけない」「日本は本当にもっと重く見るべきだ。このウイルスは普通じゃない」「日本政府頼む。オリンピックが見たいんだ」「日本には今からでも重視してほしい。国土が狭く、人口密度が高い。武漢のようにならないでほしい。まん延したら治療は困難だ」といった声が相次いで寄せられた。

また、取材していたディレクターについては、「その場で絶句」「ショックだろうな」などと、おもんぱかるコメントが書き込まれている。

なお、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでは18日午前現在、「日本の運転手が取材中に新型肺炎に感染していることを知らされる」が上位にランクインしている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング