Record China

ヘッドライン:

韓国映画「パラサイト」がチョ・グク前法相を想起させる?海外メディアが評価

配信日時:2020年2月13日(木) 18時0分
拡大
11日、韓国・国民日報によると、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」について、複数の海外メディアが「チョ・グク事件を想起させる」と指摘した。写真はチョ前法相。

2020年2月11日、韓国・国民日報によると、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」について、複数の海外メディアが「チョ・グク事件を想起させる」と指摘した。

同映画はポン・ジュノ監督の作品で、このほど発表された第92回米アカデミー賞で4冠に輝いた。国民日報によると、この栄光を海外メディアがこぞって報じる中、ロイター通信は10日に「韓国の根強い社会的分裂を反映した映画」だと評価する記事を掲載した。記事は「劇中の学位を偽造する場面は、最近韓国で発生した『チョ・グク前法相のスキャンダル』を連想させる」とし、「このスキャンダルは韓国の若年層に衝撃を与えた。腐敗一掃を強調して当選した文在寅(ムン・ジェイン)大統領と与党を支持した若者らに失望を与えた」などと伝えたという。

英エコノミストも昨年10月の同映画に対する論評に「文大統領は韓国社会に実力で認められる公正社会を約束した。だから韓国人は前法相のスキャンダルに激怒した」との見出しを付けたという。

チョ前法相は、娘の不正入学など家族をめぐる一連の不正事件で昨年12月末に起訴された。

これを受け、韓国のネット上では「作品賞はチョ・グクにあげるべき」「世界の目は正確。この映画は文政権の実話」などのコメントが寄せられており、「韓国メディアは政府の目を気にして報じないから、代わりに海外メディアが報じてくれたね」と皮肉交じりの声も。

あるユーザーからは「チョ・グクの人生を映画化したらもっとすごいものができるかも」との声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング