Record China

ヘッドライン:

「潜伏期間24日」は0.1%以下の「極端な例」=鍾南山氏

配信日時:2020年2月12日(水) 17時10分
拡大
感染症対策の専門家である鍾南山氏はこのほど発表した論文で、新型コロナウイルスによる肺炎の潜伏期間は「最長24日間に及ぶ」と示したとの報道がありました。これについて、鐘氏本人が11日、中央広播電視総台(CMG、チャイナ・メディア・グループ)のインタビューを受け、「特殊な例から全体...

 感染症対策の専門家である鍾南山氏はこのほど発表した論文で、新型コロナウイルスによる肺炎の潜伏期間は「最長24日間に及ぶ」と示したとの報道がありました。これについて、鐘氏本人が11日、中央広播電視総台(CMG、チャイナ・メディア・グループ)のインタビューを受け、「特殊な例から全体を決めつけてはいけない」と補足しました。

 鐘氏は「この論文は、国家衛生健康委員会の委託を受け、数十の病院が調査研究を経て共同執筆したものだ。この中で、新型コロナウイルスによる肺炎の潜伏期間は0~24日間としている。実際のところ、潜伏期間が24日だったのは1099人のうち1人だけであり、千分の一以下である。この極端な例で全体を総括してはいけない。今回の場合は、科学的な方法として四分位範囲(IQR)で統計を出すべきである。この方法で計算した結果、ほどんどの感染者の潜伏期間は2日で、中央値は4日となる。また、今回発表された論文は正式な文章ではなく、原則的にはその中のデータをメディアが引用したり、臨床研究の参考にしてはならない。潜伏期間が最長24日間に及ぶ患者がいたことについて、過度に注目し、必要以上に取り上げるべきではない」と指摘しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

武漢・武昌の臨時病院で28人が完治 同院初の退院者に

退院の患者が着替えと消毒を受ける白いテント院長から退院証明書を受けた患者たち退院証明書を持ちながら医療関係者に謝意を表す患者 新型コロナウイルスによる肺炎に罹っていた患者28人が11日、武漢市の武昌方艙医院(臨時病院)から退院しました。 現在、新型肺炎患者の退院には「3日以上連続...

CRI online
2020年2月12日 16時15分
続きを読む

新型肺炎の名称「COVID-19」に WHOが発表

スイスのジュネーブで現地時間11日、新型コロナウイルスについての国際的な研究をテーマとするフォーラムが開幕しました。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長はこの日の記者会見で、新型コロナウイルスが引き起こす肺炎の名称を「COVID-19」に決定したと発表しました。 テドロス事...

CRI online
2020年2月12日 16時0分
続きを読む

11日新規増の新型肺炎患者2015人 湖北以外では8日連続減少に

国家衛生健康委員会が発表したデータによりますと、11日に中国大陸部で新たに確認された新型コロナウイルスによる肺炎の感染者数は2015人(うち湖北省が1638人)となり、同日中に完治し退院した患者は744人、医学的観察が解除された濃厚接触者は3万68人であったということです。 ま...

CRI online
2020年2月12日 15時45分
続きを読む

WHO専門家チーム、中国と共に新型肺炎に対応

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は現地時間10日に行われた記者会見で、「WHOが派遣し、すでに中国入りした国際専門家チームの第一陣は、中国側と共に新型コロナウイルスによる肺炎に対応する」と述べました。 WHOによる国際専門家チームは10〜15人で構成され、問題に対応する...

CRI online
2020年2月12日 13時55分
続きを読む

習主席がインドネシア大統領と電話会談 肺炎に勝ち、さらなる繁栄を

習近平国家主席は11日夜、招きに応じて、インドネシアのジョコ大統領と電話会談を行いました。習主席は「中国には、能力も自信もある。新型コロナウイルスによる肺炎の予防と抑制に向けた戦いに徹底的に打ち勝ち、既に定めている経済・社会発展目標と任務を達成する。この戦いに勝利した後で、中国...

CRI online
2020年2月12日 13時10分
続きを読む

ランキング