Record China

ヘッドライン:

韓国映画「パラサイト」はなぜ世界で受けたのか―中国メディア

配信日時:2020年2月21日(金) 20時40分
拡大
19日、文匯報は、仏カンヌ国際映画祭と米アカデミー賞の両方で複数の賞を獲得する快挙を成し遂げた韓国映画「パラサイト」が世界的にヒットした理由を考察する記事を掲載した。写真は同作品の宣伝素材。

2020年2月19日、文匯報は、仏カンヌ国際映画祭と米アカデミー賞の両方で複数の賞を獲得する快挙を成し遂げた韓国映画「パラサイト」が世界的なヒットにつながった理由を考察する記事を掲載した。

記事は同作品について、2013年に「スノーピアサー」で世界から注目されるようになったポン・ジュノ(奉俊昊)監督の集大成的な作品であることは間違いないとしたうえで、「これまでのボン監督の映画が持つテイストを混ぜ込むとともに、現実の中にSF性を、パロディーの中に絶望を盛り込んでおり、全ての要素がいい具合にコントロールされている」と評価。全体的にはかなり脚色され、象徴性に富んだ印象ではあるが、その一方で非常に綿密なリアリズムの手法が用いられているため、「ストーリーはウソっぽいが、よく見ると全くあり得ない話ではない」という中身に仕上がっているとした。

また、これまで人類の社会格差に焦点を当て続けてきたポン監督が、今回の作品によって「かつてないほどの思想の深みに達した」とも解説。「スノーピアサー」で見られた貧富間の対立とは一線を画し、貧富間の依存性を描き出すことで、その背景にある「エリートにふさがれ、貧者は永遠に運命を変えられない絶望的な現実」をあぶりだすことに成功したと伝えている。

そして、以前はさまざまなテーマを扱ってきたポン監督が近年貧富格差にテーマを絞っているのは、2008年の世界金融危機で大きな打撃を受けた韓国で生きるポン監督の憂慮が非常に深いからだとしたうえで、「パラサイト」の世界的ヒットも同作品で描かれている貧富格差問題が「韓国のものであると同時に、世界のもの」であり、多くの観客が身近さを覚え、共感したからだと分析した。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング