Record China

ヘッドライン:

【動画】新型肺炎、馬で外出の村人をドローンで警告「龍に乗っても外出しちゃダメ」―中国

配信日時:2020年2月16日(日) 23時10分
拡大
11日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞によると、新疆ウイグル自治区チョチェク市で、馬で外出しようとした村人をドローンで警告し、帰宅させるという騒動があった。写真はドローン。

2020年2月11日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞によると、新疆ウイグル自治区チョチェク市で、馬で外出しようとした村人をドローンで警告し、帰宅させるという出来事があった。

記事によると、同市のある村で男性が馬に乗って外出しようとしたところを警戒中のドローンが発見。スピーカーで「誰に馬に乗って外出できると聞いたのだ?(たとえ)龍に乗っても外出してはならない。早く家に帰りなさい」と警告した。男性は警告に従い、家に引き返した。ドローンは男性が自宅に戻るまで監視を続け、「よし、それでいい」と言った。

記事ではこの様子の動画を紹介。これを見た中国のネットユーザーから「人口密度があんなに低く、マスクもしているのだから、外出しても問題はないだろう」「なんで外出させないんだ?今は多くの人が出勤して買い物にも行っているのに。人が密集するところに行かなければいいだけだろう」などのコメントが寄せられた。

また、「広々としたところなら家の中より外の方がいいだろう。空気が新鮮で免疫力もアップする」「外に誰もいないのに外出させないなんて、ウイルス感染ってこうやって防ぐものではないだろう」というユーザーもおり、外出させないことに否定的な意見が多かった。

ほかには、「ウイグル人って本当に馬で外出するんだ」「ウイグル人は普段、馬に乗って外出しているんだ。いいなあ」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

各地、新型肺炎対策で多様な措置

揚州市の実名制によるマスク予約購入規則北京のオンライン裁判システム 新型コロナウイルスによる肺炎感染が続く中、各地では、住民の生活や生産活動の安全を確保するため、様々な措置が講じられています。 北京の裁判所では、オンライン裁判システムを利用することにより、当事者らの外出や集まるこ...

CRI online
2020年2月6日 18時40分
続きを読む

ランキング