Record China

ヘッドライン:

リン・チーリンが武漢に3度目のエール!手書きの文字に中国ネット注目

配信日時:2020年2月10日(月) 21時30分
拡大
台湾のトップ女優リン・チーリンは7日、中国版ツイッター・微博上で武漢に向けた応援メッセージを投稿。自筆の文字がネットユーザーの注目を集めている。写真はリン・チーリン。

台湾のトップ女優リン・チーリンは7日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で、新型コロナウイルスによる肺炎が感染拡大している武漢に向けた応援メッセージを投稿。自筆の文字がネットユーザーの注目を集めている。

リン・チーリンは新型コロナウイルスの発生後、すでに2度にわたって微博に武漢を応援するコメントを発表してきたが、7日の投稿では「#手写加油接力#(手書き応援メッセージリレー)」というハッシュタグを付け、「武漢頑張れ、私たちはあなたの味方です。何もかもが良くなっていくはず!」という一言とともに自筆のメッセージを公開した。

このハッシュタグは、微博で近頃ムーブメントになっているもので、多くの芸能人やネットユーザーらが、感染流行の中心地である湖北省武漢市や患者に対応する医療従事者、友人知人などに向けて手書きの応援メッセージを画像で投稿している。

リン・チーリンは手書きのメッセージに、「第一線でウイルスと戦っている医療関係者ならびにボランティアの皆さんに対し、敬意を表します!みんなで心を一つに合わせましょう!そうすればいかなる困難にも打ち勝てます!武漢、がんばれ!中国、必ず勝とう!」とつづった。

この投稿に対し、中国のネットユーザーからは「チーリン姉さんの手書きの文字が大好き」「文字がダンスしてるみたいでかわいい」「(チーリンの手書きメッセージを見られて)本当にラッキー」といった感想が寄せられた。

また、リン・チーリンは普段からフェイスブックやインスタグラムでの投稿には台湾などで用いられる繁体字を、微博での投稿には中国大陸などで用いられる簡体字を使用しているが、今回は手書きメッセージで簡体字を使用したことがネットユーザーの注目ポイントに。「中国大陸のファンが読みやすいように気を使ってくれたんだ」「チーリン姉さんは本当に親切」「一部、簡体字と繁体字が混ざっているよね。(簡体字の“線”の糸へんが繁体字のものになっている)かわいすぎる」といった反応があった。(翻訳・編集/岩谷)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「簡体字を使うなら中国へ行け!」香港のネットユーザー、ヴィクトリア・ベッカムのインスタに不快感―香港

15日、自身のブランドの香港旗艦店オープンをPRしたヴィクトリア・ベッカムが、翻訳文に中国本土で使用される簡体字を使っていたことで、香港のネットユーザーが不満を表明。本土と香港のネットユーザーが言い争う騒ぎとなっている。写真はヴィクトリア・ベッカム。

Record China
2016年2月16日 21時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング