Record China

ヘッドライン:

日本と韓国の今回の対応「銘記しなければならない」―中国メディア

配信日時:2020年2月12日(水) 7時20分
拡大
11日、中国メディアの環球網は、新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、「日本と韓国の今回の対応を、われわれは銘記しなければならない」とする記事を掲載した。資料写真。

2020年2月11日、中国メディアの環球網は、新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、「日本と韓国の今回の対応を、われわれは銘記しなければならない」とする記事を掲載した。

記事はまず、韓国の対応について、ソウル市が11日、2015年のMERS(中東呼吸器症候群)の際の支援に対する感謝の気持ちから、今回は姉妹都市である中国の北京・重慶市を含む計12都市に6億ウォン(約5600万円)相当の物品を支援することを紹介した。

ソウル市は、医療用保護服1000着、医療用ゴーグル500個、医療用マスク90個、携帯用熱画像カメラ30台を支援するという。

また、北京の韓国大使館が、敷地を囲んでいる柵に「中国の困難はわれわれの困難」とする横断幕を掲げたことも紹介した。

日本の対応については、自民党が10日、中国への支援金として、党所属国会議員全員を対象に歳費から一律5000円を天引きし、総額約200万円を中国側に送ることを決めたことを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング