Record China

ヘッドライン:

日本の中学校教科書が「改悪された」と韓国メディア、ネットからも不満続出

配信日時:2020年3月25日(水) 19時40分
拡大
24日、文部科学省が来年度から中学校で使われる教科書の検定結果を発表した。これについて韓国・KBSは「改悪された」と批判している。資料写真。

2020年3月24日、文部科学省が来年度から中学校で使われる教科書の検定結果を発表した。これについて韓国・KBSは「改悪された」と批判している。

記事は、発表された教科書の内容について「竹島領有権をめぐる強引な主張が強化された」と指摘し、「韓国が竹島を不法占拠しているとの内容が掲載された教科書は全17種類のうち14種類、80%を超える」「竹島が日本の領土でなかったことはないという驚きの主張まで登場する」と説明している。

また「一方で日本軍慰安婦に関する記述が掲載されているのは歴史教科書2種類のみ」とし、「それさえも内容は『韓国、中国、フィリピンなどから来たいわゆる従軍慰安婦』と簡単に表記するなど見せかけのレベルにとどまった」と指摘している。

韓国政府は駐韓日本大使を呼んで強く抗議した。韓国外交部は「日本政府が明らかな歴史的事実を歪曲(わいきょく)している」として是正を求めているという。

これに韓国のネットユーザーからも「日本の歴史歪曲は限度を超えている」「日本が正しい主張をしたことも一度もない」「日本製品不買運動を続けなければならない理由だ」など怒りの声が続出している。

また、韓国政府に対しては「いつまで静かな外交を続ける?」「韓国も教科書に『対馬は韓国領』と載せるべき」「韓国はK-POPの力を使って独島(日本名:竹島)領有権を主張しよう」などと訴える声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング