Record China

ヘッドライン:

調理で5分間「炒める」と、PM2.5は20倍に=がん発症リスクも急増―中国

配信日時:2013年10月16日(水) 19時2分
拡大
15日、北京市政府外事弁公室の趙会民室長は先日、「都市の巨大化により、中国人の習慣的な調理が、PM2.5の濃度上昇に一定の影響を与えている」と語り、物議を醸した。これを受け、新京報と環境保護団体は実験を行った。資料写真。
(1/2枚)

2013年10月15日、北京市政府外事弁公室の趙会民(ジャオ・フイミン)室長は先日、「都市の巨大化により、中国人の習慣的な調理が、PM2.5の濃度上昇に一定の影響を与えている」と語り、物議を醸した。趙室長の発言を受け、新京報と環境保護団体は、調理におけるPM2.5の数値変化について実験を行った。新京報が伝えた。

その他の写真

今月13日に行われた実験では、ドアや窓を閉め換気扇を回さない状態で「蒸す・煮る・揚げる・炒める」の4つの調理方法を実施。結果、「揚げる・炒める」で大量のPM2.5が発生した。中でも、「炒める」の調理では、5分間でPM2.5の数値が20倍以上に激増した。

中国栄養協会理事の範志紅(ファン・ジーホン)氏によると、調理時に油の温度が高いとPM2.5や発がん性物質の発生量が増加する。「揚げる・炒める」の調理では大量の発がん性物質が発生し、PM2.5に付着する。これが人体に入り込むと、肺がんや胃がんの発症リスクが増加するという。(翻訳・編集/内山

関連記事

大気汚染の深刻な影響6億人に、全国土の4分の1に及ぶ=5年内に監視測定ネットワーク構築―中国

7日、中国では3〜5年内に国内全域をカバーした大気汚染(煙霧)が健康に与える影響を監視測定するネットワークを構築し、大気汚染のレベルおよび人間の健康への影響について変化の傾向を把握する取り組みが行われる。写真は2013年9月30日の北京市。

Record China
2013年10月9日 6時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング