Record China

ヘッドライン:

台湾でマスク購入が実名制に、1人につき週2枚までに―台湾メディア

配信日時:2020年2月5日(水) 16時40分
拡大
台湾メディア・中央通訊社は4日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大でマスクが品薄になっている状況を受け、台湾で6日からマスクの購入が実名制になると伝えた。資料写真。

台湾メディア・中央通訊社(CNA)は4日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大でマスクが品薄になっている状況を受け、台湾で6日からマスクの購入が実名制になると伝えた。

記事によると、台湾当局は先月末から台湾で生産されるマスクを全て買い上げ、1人1日3枚に限り、1枚当たり6台湾ドル(約22円)で販売するなどして供給を管理していた。

しかし、その後もマスクの品薄状態が続いたため、台湾行政院の蘇貞昌(スー・ジェンチャン)院長は3日、実名制での販売を承認。これにより、6日から台湾では全土に6000余りある健康保険特約薬局で、全民健康保険カードを機械に差し込んで購入する方式となった。これに当たり、4日以降はコンビニエンスストアやドラッグストアでのマスクの販売も中止される。

具体的に、マスクの購入は7日に1度、1人が買える量は2枚までに制限された。さらに、スムーズな供給のため、身分証IDナンバーの末尾の数字が奇数の人は月・水・金曜日に、偶数の人は火・木・土曜日にのみ購入可能。日曜日はナンバーに関わらず購入できる。なお、外出が困難な人や都合が合わない人に配慮し、1度に1人分の代理購入も認められた。価格は1枚当たり5台湾ドル(約18円)に変更された。(翻訳・編集/岩谷)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング