Record China

ヘッドライン:

武漢から帰省した男性、宴会に複数回出席、計4000人以上隔離措置―中国

配信日時:2020年2月6日(木) 7時50分
拡大
中国福建省晋江市英林鎮で2日に新型コロナウイルス肺炎への感染が確認された男性が、湖北省武漢市から帰省した後、宴会に複数回出席し、その結果、計4000人以上が隔離措置に追いやられたという。写真は英林鎮。

2020年2月5日、中国紙・新京報によると、中国福建省晋江市英林鎮で2日に新型コロナウイルス肺炎への感染が確認された男性が、感染流行の中心地となっている湖北省武漢市から帰省した後、宴会に複数回出席し、その結果、計4000人以上が隔離措置に追いやられたという。

男性は武漢から帰省後、感染が確認されるまでの間に、3000人以上が参加した習わしの宴会に出席した。英林鎮は、男性の近くのテーブルにいた人に対し、14日間の在宅での医学観察と派遣した人員による体温測定を求めた。その他の主席者に対しても14日間の在宅での医学観察と電話でのフォローアップを求めた。

男性はまた、東石鎮で行われた結婚披露宴にも出席しており、1000人近くが在宅での医学観察を求められた。

男性は「フィリピンから戻った」と偽っていたという。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング