Record China

ヘッドライン:

新型コロナウイルスに「感染しない」、強い思いが伝わる香港の街の様子

配信日時:2020年2月8日(土) 20時20分
拡大
新型コロナウイルスの世界中の感染拡大が報道されている中で、香港では一早く様々な対応を始めている。感染を広げない為に人々の行動もできる範囲で最大限の徹底をしていると思われる。
(1/11枚)

新型コロナウイルスの世界中の感染拡大が報道されている中で、香港では一早く様々な対応を始めている。

その他の写真

元々2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の苦い経験をしてきた香港の人々は、この種のことに非常に敏感だ。その為、旧正月前からマスクを着用する人が増えて来てはいたが、人の移動が激しい旧正月中に至っては筆者目測でほぼ90~95%というマスク着用率となっている。

そして旧正月中には公共の施設や人が多く集まるテーマパークの一時的な閉鎖、学校の休校、及び公務員の在宅勤務などの対応が発表された。感染を広げない為に人々の行動もできる範囲で最大限の徹底をしていると思われる。

ビルやモールに消毒スプレーやジェルが置かれている場所が多く見られ、人々はそれを見つけるたびに手に取り殺菌を心がけている。また、エレベーター等のボタンはビニールで覆われ、1時間に1回などと回数を決めて、定期的に清潔に保たれている。

エレベーターだけではなく、多くの人が利用するタッチパネルを導入しているファーストフード店などでも、こんな広告(写真参照)が。

正月明けの在宅勤務や休校が発表されたせいもあり、スーパー等では一時的な買出しが行われ、在庫切れが発生している店が増えているようだ。またマスクや消毒シート、ジェル等は品切れ続出で、現状では普通には入手不可能といった状態。

薬局だけではなく、それぞれの小売店がマスクを少しでも市民に行き渡らせようと、独自の努力をしている。こちらは普段女性服を売る店だが、この日は良心的な値段でマスクの販売をしていた。このチラシを見て大人も子供も店内に吸い込まれていった。

まだまだ人々の我慢と忍耐が必要な苦しい時期ではあるが、街を歩くとSARSで多くの苦い経験をしてきた香港人の「感染しない」という強い思いが伝わってくるようだ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「新型コロナウイルスと戦う香港の街のようす」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

ランキング