故レスリー・チャンが明かした唯一の恋人、テレサ・モウが恋の思い出を語る―香港

Record China    2013年10月12日(土) 21時20分

拡大

10日、香港の女優テレサ・モウがトーク番組の収録で、俳優の故レスリー・チャンとの思い出を語った。写真はテレサ・モウ。

2013年10月10日、香港の女優テレサ・モウ(毛舜●、●=竹かんむりに「均」)がトーク番組の収録で、俳優の故レスリー・チャン(張国栄)との思い出を語った。文匯報が伝えた。

80〜90年代の香港映画を彩ったコメディエンヌとしても知られるテレサ・モウ。現在は女優業の傍ら、コスメブランド経営のビジネスでも成功している。人気俳優だった故レスリー・チャンが、過去に交際していたことを唯一認めている女性だ。

テレサはこのほど、香港のトーク番組「最佳女主角」の収録に登場。80年代初めに交際していたとされるレスリーについて、思い出を語った。恋が芽生えたきっかけは、あるテレビドラマでの共演だった。恋人同士を演じた2人だが、当時は初対面だったため、仲良くなって演技に生かすよう監督に言われ、一緒に街をぶらついてデートした。この時、レスリーがずっと手をつないでくれていたことが忘れられないという。アイドル女優だった当時、非常にモテていたというテレサだが、「僕は顔もいいし歌もうまい。なぜ僕を好きにならないの?」と、何度もレスリーに言われたと語っている。

2人は短い交際ののち、破局。その間にレスリーからのプロポーズもあったとされる。1992年には、それまでの香港映画の興行記録を塗り替えたコメディー映画「ハッピー・ブラザー」で共演し話題に。1994年、テレサの結婚式にはレスリーも親友の一人として出席している。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携