Record China

ヘッドライン:

中国でエイズによる死者が2カ月連続で2000人突破、月別発症者は通年で7万人突破

配信日時:2020年2月5日(水) 9時50分
拡大
中国でのエイズによる死亡報告が2019年11月と12月に2000人を超えた。同年の月別発表を合計すると発症者は通年で7万人を超えた。写真は12月1日の世界エイズデーに地下鉄車内で実施された予防の宣伝。

中国政府・国家衛生健康委員会は1日付で、2019年12月における全国からの法定伝染病の発症と死亡の報告のまとめを発表した。エイズによる死者は同年11月から2カ月連続で2000人を突破した。19年通年で月別発表を合計すると、エイズ発症者は7万2630人、死者は2万1342人に達した。

エイズによる毎月の死者は同年10月まで1000人台で推移した。7月には1971人と2000人に近づいたが、8月には1726人、9月には1732人と一端は減少。しかし10月には1901人と再び増加し、11月には2245人、12月には2284人と、2カ月連続して2000人を超えた。通年の合計は2万1342人だった。

発症者は11月の7366人がピークで12月には6735人と減少したが、通年では7万2630人に達した。

なお、国家衛生健康委員会は4月ごろに前年通年の法定伝染病の報告例数を改めて発表するのが通例だ。通年についての数字は各月の数字の合計とは異なる場合がある。しかし、中国での相当数のHIV感染が発生している状況には間違いない。日本の厚生労働省エイズ動向委員会によると、日本で18年に報告されたエイズ患者は377人、HIV感染者は940人だったという。

同委員会の月例の発表などでは発症者だけが記載されている。ごく単純に日本と中国の人口比を1対10として計算すると、中国では人口当たり日本の約20倍のエイズ発症者が確認されていることになる。

中国でエイズ以外に発症者が多いのはウイルス性肝炎や肺結核、梅毒など。19年12月の場合、ウイルス性肝炎の発症報告は12万6743人で、うち10万2151人がB型肝炎だった。肺結核は7万1631人、梅毒は4万8587人だった。

エイズ以外に死亡の報告が多いのは肺結核の230人、ウイルス性肝炎の54人(B型肝炎は43人)、狂犬病の30人など。(翻訳・編集/如月隼人

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング